• ーアラブの春3年目回顧ーエジプトの制度に見る「構造固着」⑵

    by  • February 14, 2014 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    http://twishort.com/QIIec

    エジプト革命3周年の祝典の参加者の大きな部分はムバラク政府が打倒されたときには革命青年達だった人達でした。シシ国防相が次の選挙で大統領になるの は確実と見られます。軍が政府が権力を握るのは公然の姿となっています。エジプトの青年達は革命が一気に全ての問題を解決する事を願っていましたが、ムス リム同胞団が再び地下においやられたことを除けば政権はやはり軍政府のものとなり、失業問題は革命以前よりさらに深刻で経済の苦境も革命前よりひどい状態 です。パスディペンデンス”学説でいえば、エジプトは「過去の構造の制約から抜け出せない」のです。

    《権力に一番近いエジプト軍》

    エジプト軍政府が輪廻転生で生き返ったのは実はエジプトの政治勢力の構造によっって定められていたた事なのです。2011年1月31日、に私は「エジプ ト政治局面の情景設定」で指摘しましたがムバラク退陣後、エジプト軍は最大の政治カードを握って権力から最短距離にいました。その次が1928年に設立さ れ80余年の歴史と広汎な社会基盤を持つムスリム同胞団でした。実際、そのように舞台の流れはすすみました。

    革命主体のエジプト青年たちは革命中の一時的に結集しましたが、有効な組織を作るリソースはもっていませんでしたし、社会基礎と選挙の競争に勝てる経費 はゼロに近かったのでした。革命中に頭角を現した青年リーダー2013年4月の「反抗」運動のモハマド・バドや22歳から30歳位の大変和解人達は民衆を 決起させ、気持ちを政治改革に向かわせる最大の実力を持っていましたが、一番の弱点は街頭運動を長期成長型の組織に変える力を持っていませんでした。

    彼らは臨時の政治団体を擁しましたが、明白な政治ルールを欠き、「何が要らないかを知っていたが、何が要るかはわかっていなかった」のです。この種の団 体が2012年のエジプトの総選挙で勝つのは無理でした。まして今後、軍人のシシ元帥のライバルにはなりえません。予見出来る未来にエジプトの革命青年が 「街頭でを投石する人」から職業政治家になる道はありません。これは勿論、青年が街頭運動にたけてはいても政治選挙にはそうでないということなのですが、 もっと大事なことは制度の変遷による「パスディペンデンス」の構造に規定されていることなのです。革命前のエジプトの政治勢力構造が軍隊が最も権力から近 くにあることを決定しており、もっとも容易に適切な時期に政権を奪取せしめたのです。

    《人民がシシ将軍を選択したわけ》

    1月下旬、エジプト最高軍事委員会は、軍隊の最高総帥のシシを総選挙の候補として支持すると発表しました。理由は「人民の将軍にたいする信任を尊重せね ばならず、これは人民の自由な選択」だと。この未来のエジプト相当にさらにハクをつける為に、エジプト臨時大統領のマンスールは「元帥」の位をあたえると 発表しました。エジプトの政治を考えると、「人民がシシ将軍を選んだ」はまんざら政治宣伝ばかりとはいいきれません。

    この「人民の選択」は形式上、去年のエジプト街頭運動の要求であり、事実上、エジプト軍側が政治コントロール能力をもっていたということなのです。 1952年のナセル革命後、エジプト軍は自らをエジプト人の自由の擁護者と任じずっとエジプト政治の主導に隠れた力をもってきました。他国の軍隊と違っ て、エジプト軍は毎年10億㌦以上の米の経済援助を得るほか、本体はさらに厚みのある経済基盤と収入源を持っています。

    エジプト軍経営の企業というこの伝統は20世紀の70年代のイスラエルとの戦争が終わった後に始まりました。ロシアの「独立軍事評論」の資料によると、 当時、エジプト軍の数はイスラエルの五倍でした。終戦後、大量の退役男子は何処へも行く場所がありませんでしたので軍隊は軍人の生活問題を自ら解決するこ とを決定しました。そこで企業を起こし、以来、エジプトの隅々まで商売の触覚を伸ばしました。

    この軍による商業帝国がどのぐらい大きいかと言うと、ウィキリークスのデータでは、軍はエジプトに30数社の企業や工場を持ち、国家経済の15%〜 40%を占め、数十万人の雇用を提供しています。誰も軍の持つ資産の全体を知りませんが、ただ一点、エジプト人の衣食住と軍の企業は切っても切れない関係 にあることはたしかなことなのです。

    エジプト軍隊が政治に関わる伝統はエジプトの国父・ナセル大統領のと時期にはじまりました。ナセル自身が軍人でしたし、直接何度かの中東戦争を指導しま した。そのあとサダト、ムバラクとみな軍の実力者で軍をコントロールする力をもち、軍にその政治の背後から支えさせてきました。しかし民衆の意思が強くな りすぎるか、指導者が弱い立場になったときは、軍はみずから独立した意思を表します。2011年がまさにそうでした。

    2011年、ムバラク退陣後、軍は実際にはエジプトをコントロールする力を掌握しました。軍がデモ隊に対して攻撃を自制したので、エジプト革命青年達は 軍隊を大変信用し、解放広場でも「軍民が手と心をつないで」というスローガンが至る所に登場しました。米国の圧力があったため、エジプト軍はそ心ならず も、当時は最高権力をムルシへ渡しました。しかし実際は軍はしばらく雌伏していただけであり、民衆の示威運動が軍に政権を接収してほしいという声の高まり とともにムルシを逮捕し、短命な民選政府を終わらせたのでした。

    《エジプトの制度形成が二つの構造的力を決定した》

    軍がムルシ政権を打倒した裁判では政治的な理由のほかに、経済状の理由、ムルシが執政したわずか一年の間に失業問題を解決出来ず、経済の悪化が続いた事 をあげました。公開データによると2011年革命前の失業率は9%、2013年は31%にもなり、350万人の失業人口中、72%が革命前は仕事があり、 33%が大卒の資格をもっていました。

    将来のシシ政府がエジプト人にパンと自由と社会正義を齎すことができるでしょうか?人口と資源を考えると答えは楽観出来るものではありません。ムバラク は1981年10月に政権につき、2011年2月に退陣しました。その執政三十年間で、エジプト人口は1981年の3500万人から2011年の9100 万から9300万人に増加し、その半分以上が24歳以下で、半年ごとに100万人増加しています。

    エジプトの資源はこの急激な人口増加を支える術はありません。国土面積100万平方キロで大部分が酷熱小雨の熱帯砂漠で、9割の人口は広さ16㌔のナイ ル渓谷とカイロ以北のデルタ地帯(国土面積の30分の1)にすんでいます。全国の実耕地面積は五千万ムー、一人当たりの耕地面積は0.55ム—です。自国 産食料はなんとか国民の半数を養うのがやっとです。ですから毎年、小麦900万トンを輸入していますが、これは世界最大の食料輸入国のひとつです。

    ムバラクの任期中、経済発展に大きな力をいれたのでエジプトは整った工業と農業のシステムがあります。しかし厳しい資源制限のためサービス業が経済の中で 大きな比重を占め、国内総生産の5割で、GNP13%が旅行業関係収入で、400万人をの労働力を吸収し、総人口の14.6%にあたるです。

    ムバラク退陣後、革命暴力をおそれて外国人観光客の足が遠のいてしまったため革命前の2010年には旅行業収入が125億米ドル、延べ1480万人だっ たのが、2012年には90億ドル、同1050万人になりGDPでは2010年の5.1%が2011年には1%にもなりませんでした。革命前には360億 ㌦の外貨準備高が2012年末には135億㌦になり、3か月分の輸入を維持できるだけしかなくなり、同時に貿易赤字は記録的な317億米㌦になってしまい ました。

    自由は無料ではありません。革命の中で流された血のほかに、革命後の経済不況は必然的な現象です。これは”革命”が必ず支払わねばならない代価なのです。しかしエジプトの青年達は革命によって一切が迅速に良くなると期待しムルシ政府は批判の的になってしまいました。

    中国の世論はエジプトの現状は「ワシントンコンセンサス」の破綻だとおもっていますが、これはでたらめ話です。チュニジアとエジプトの革命とその後の再 建の道筋は「パスディペンデンス」 を大変よく証明しています。制度がいったん作られると、それが有効か否かに関わらず、すべて一定の期間持続しそのあと の制度の選択に影響を与える存在となる、あたかも一定のルートにはいりこんでそのルートに沿ってしか変わらないということです。

    私はエジプト軍が政治コントロール能力、資源と人口がマルサスの罠に嵌って、最後に「構造による轍」を作り出し、三年の革命と動乱の後に結局もとの場所 に戻ったという事を北京政府が正しく認識し、中国もまた資源と人口で同様にマルサスの罠にはまっていること、もし今後当局者が権力をより強固にするために 軍部がエジプト軍部のように武装した経済怪獣を生み出すことを考慮にいれるように希望します。中国もまたエジプトそっくりの状態に成りかねないのですか ら。(終)

    拙訳御免
    原文は;「埃及制度变迁中的“结构锁定”——阿拉伯之春三周年回顾(2)」heqinglian.net/2014/02/05/jasmine-revolution-2/

    About

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *