• 劉少奇の子・劉源、無念の退職

    by  • December 23, 2015 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣

    2015年12月20日

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    https://twishort.com/5mCjc
    上将・劉源(*1951年2月22日 64歳)は最近、「心に永遠にー総後方部(*軍)に別れをー」を発表しました。これは薄熙来、劉源、習近平の三人を代表とする50年代生まれの「紅二代目」の政界マラソンの終わりを告げるものでした。いかに地位に未練があったとて、習近平をトップとする体制が固まってしまっては他の「二代目」の前にはすでにもう座る場所がなかったのです。毛沢東時代から自分達こそ「革命の後継者」だと自負していた他の紅二代達は貴賓席の観客席においやられてしまったのです。

    ★鄧小平、陳雲が決めた「子供達を後継させる」ルール

    薄熙来事件が起きたとき、私は「中国权力传承模式:血缘+党内程序 」(中国の権力継承モデルー血縁と党内出世過程)と「《2012年中国政局分析(其の一):中国「太子党」は権力にどれぐらい近いか http://www.voachinese.com/content/article-2012013-blog-china-politics-139216394/803381.html



)を書いて中共の政治権力の受け渡し方式には大変特徴があることを指摘しておきました。

    それはソ連のような党内の”重役会議”で職歴を参考に後継者を相談して選ぶでもなければ、北朝鮮のような金王朝の血縁だけに頼ったやり方でも、キューバのカストロ兄弟式とも違います。中国の特色は二本レール方式とでもいうべきで、”重役会議”が指定した者があとを継ぐのですが、それはただ血縁によってだけというものではなく、非制度的な隠れたルールがもうひとつあって、それは太子党(紅二代目)は様々な役所で特別待遇を受けつつ成績をあげてくるというものです。この血縁プラス党内の出世手順を踏むというやり方は鄧小平と陳雲の二人の元老がしっかり決めたやり方です。そして党内の”御重役”の子弟達には明らかに有利な点があるのですが、そこには同時に不確定性もまたあるのでした。

    まず制度が彼らにとって大変結構な点から言えば、鄧小平時代の集団指導性で高い地位にあった者たちの子弟たちはみな”平等に”中南海の玉座を目指すマラソンに参加できるということです。文革の時期はそうではありません、ただ毛沢東の娘の李納と姪の子供の毛遠新だけが堂々かつやすやすと軍の高い地位をゲットできました。例えば毛遠新は27歳で中共政権始まって以来の最年少の省クラスの幹部になり、その他の「開国元老」たちの子弟はただ軍に入ったり、仕事についたり、農村で鍛えられたりみたいなことで、一番運が良くてせいぜい大学に入れて労働者、農民、兵士とともに学生になれる程度でした。これに比べてみれば元老たちも確かに鄧小平と陳雲は”公平”にやったと思ったのです。

    一方、「不確定性」のほうは、紅二代たちは必ず基礎的な行政組織に行ってキャリアを積んで一歩一歩階段を上がってこなければならなかった点です。しかしどの階段にも自分ではどうにもならない不確定な要素がありました。紅二代も基礎的行政機構の役人たちと付き合わなければならないわけで、それは少なくとも「高貴な身分を下げ」てその村長だの町長だのといったクラスを味方につけなければなりませんでした。現在、メディア上を賑わせている習近平がかつて陝西省の人民公社の田舎の生産隊に入り、河北の正定で村長をやった素朴さ、村人と仲がよかったとかいう類の話はみなデタラメな話というわけではなく、確かにそのころの習の真面目さの表れだったのです。そうすることによってのみ基盤となる人民層の推薦という関門を通過することができたのです。私が1970年代に鉄道修理の現場でみた経験では大学生だろうが工場勤務であろうが、上級がある幹部の子弟を推薦せよと命令したところで、「大衆の推薦」という関門はある種の人々には通過しようがないもので、その場合は別の方途を考えざるをえなかったのでした。

    ★劉源、薄熙来、習近平の”政権玉座マラソン”ランナーとしての資質

    そうした不確定性のある”高貴な身分”をもちながら土臭い田舎の役人たちと腰を折るようにするなどということを嫌って少なからぬ紅二代目は中央の機関で働くことを選びました。鄧小平一家の娘たちも軍隊や中央の省庁での仕事を選びました。当時、村レベルの下までいって”鍛えてきた”王子様たちといえば劉源、薄熙来、習近平の三人だったのです。

    劉源は劉少奇の子としてトコトンやりはじめたらやりました。北京師範大学卒業後、1982年に河南省新郷県七里営校舎の副主任という職からスタートして6年間の短い間に新郷県副県長、県長、鄭州市副市長、1988年には河南省副省長となり全国で最年少の副省長でした。ほとんど毎年一級ずつ上がっていったのでした。しかし洋々たる前途が開けていたにもかかわらず、公開されていない理由で1992年、劉は突然、歩む道を変え武装警察隊の水力発電指揮部の第二政治委員兼副主任になってしまい、ここで軍隊の世界に入り、同年、桂武警少将という武装警察の階級になりました。この軌道修正はその後の彼にとっては終身の悔いを残すこととなりました。

    薄熙来は1982年、中国社会科学研究院を卒業後、相前後してまず中央書記局研究室と中央事務局で二年過ごした後、1984年に遼寧省金県の県委員会書記となり、このあと2004年までの20年間、大連をベースに懸命にがんばって遼寧省委員会の副書記から省長になりました。伝聞では彼と遼寧省の書記だった聞世震とはウマがあわず、遼寧省から直接中央へ上がる道を閉ざされてしまい、やむをえず2004年に商務部部長になりました。薄熙来の性格が強引で当時の国務院副総理の呉儀は薄を嫌っていたといわれます。これが二度目の蹉跌となって2007年に重慶市委員会の書記になり、中央政治局委員になったときにすでに、腰が低く目立たないように処世をして順調に出世街道を歩んでいた習近平に二段階の差をつけられてしまっていました。

    習近平は1975年に清華大学に入学する前にすでに陝西省延川県文安梁公社家河大隊で党支部書記を務めていました。1982年中央事務局にはいり、中央軍事委員事務局秘書から河北省正定県委書記となりました。1985年後の職歴は主に福建省でした。2003年に浙江省委書記を、2007年にまず上海市書記兼上海警備区第一書記、同年、中央政治局常務委員となり、中央書記局書記に転じ、中央党学校校長となり、王位を望める立場がしっかりと射程距離に入ってきました。

    というわけで状況をみると、劉源の出世は順調にはじまったのですがその後パッとしませんでした。習近平、薄熙来は下部の役所にいたときに人柄の違いで、その評判も大いに差がありました。薄熙来は大連市の市長になってから国内メディアが持ち上げる「政治的御曹司」になりましたが、同時に香港メディアのスキャンダル報道の主役になってしまいました。香港の文匯報の大連駐在支局長だった姜維平が匿名で香港メディアにそのスキャンダルを暴いて牢屋にほうりこまれました。

    一方、習近平はメディアに登場することは極めてすくなく、堅実にことを運び面倒ごとの少なくはなかった福建省にあってもなんとうまくやりとげたのでした。その評判も薄熙来と比べると大きな差がありました。2007年になって薄熙来が重慶の書記にやっとなれたときに、習近平は上海の書記になりました。この二人の「太子党」の政治的スターの前途の優劣はここですでにはっきりしていました。職階からみて習近平が第五代目の指導者の中心として「培養」されていたのに対して、薄熙来の政治局委員と重慶市委書記というのは「残念賞」でしかなかったのです。

    その他の名家の子弟たちの状況はいろいろでした。陳雲の子、陳元は北京を地盤として、1984年に北京市商業貿易部部長兼市体制改革委常務副主任となっておりその職階は習近平や薄熙来、劉源より上でした。陳雲は彼を北京市委員副書記にさせたかったのでしたが、なんと1987年12月13日の北京第六節党代表大会における北京市委員選挙で落選し出世が頓挫し、以後止むを得ず方針を変更して金融畑を歩むことになります。2005年6月、陳雲生誕100年に陳元はCCTVの白岩松のインタビューに対して、父親が文革の時期に江西省に放逐されていた時期に息子に対して、時の米国の連邦準備委員会主席ポール・ボルカーこそが事実上の本当の米国のトップで経済の大統領なのだ、と言ったという思い出を語っています。2007年後は、薄熙来、劉源、陳元、軍の紅二代目の張海陽などが帝位獲得競争に打ち勝つ計画をたてるために結盟しました。そして薄熙来だけがさらに高い職階を望める位置につけていたため、紅二代目たちが彼を応援する対象としたのです。

    ★習近平が薄熙来事件を処理する時の「内外区別」

    10会大会後、習近平が中共のかなめとなり権力を一身に集めました。しかし、権力闘争のライバルを処分するにあたってはやはり「内外を区別する原則」を守っています。平民出身の薄熙来を応援していた周永康や薄熙来入獄後に周永康とつながりを深めた令計劃らにはいささかの容赦もしませんでした。しかし、かつて薄熙来と結盟の関係にあった紅二代目に対しては勢力をそぎ落としただけで、ゆっくりと”安置”する方向をとりました。

    薄熙来に千億元を超える経費を提供していた国家開発銀行の元頭取の陳元に対しては習近平は退職させて全国政治今日小委員会の副主席とし、彼が長年努力してきたBRICS5カ国(ブラジル、ロシア、インド、チャイナに南ア)開発銀行5カ国のトップになるのを許しました。しかし、2014年、銀行が正式に発足したとき本部は上海におかれましたが、トップはインド人で、陳元はトップの座どころか理事会の議長にもならせてもらえませんでした。また元中央軍事委副主席の張震の子で第二砲兵部隊政治委員だった上将・張海和も18会党大会以後は出世が止まり、腐敗の噂の中で2014年、退職しました。

    劉源の十八会大会後の経歴や態度、状況は陳元や張に比べるとはるかに複雑でした。薄熙来事件の前に、劉源は情勢が不利とみて肝心なときに”選択”をしました。「薄熙来が中央の命令通りに王立軍を処理したと主張」(NYタイムズ2013年8月31日)によると、記者の描くには「王立軍が北京におくられて、令計劃が中央事務局の秘密命令で首都の軍事系の病院で精神病の検査を行ったけっか、そこでは王立軍は発作的な精神病をわずらっていたことがわかった。もしこのニュースが伝わっていたなら王立軍が(*薄熙来夫人の英国人殺害について)語っていたことやその他の彼の訴えた問題にも疑問符がつきます。この検査結果を知りたいと薄熙来は北京のこの病院の上部機関である軍の盟友である劉源に検査結果を漏らしてくれるように頼んだのですが、劉は拒絶しました。内部情報によるともし劉源がこの秘密を薄熙来に渡していたら王立軍の証言はひっくりかえり、薄熙来は倒されなかったかもしれないともいわれています。

    習近平が総書記に選ばれた最初の頃、劉源は不満の気持ちを抑制できなかったようです。2012年11月16日の午後、胡錦濤と新任の中共総書記、軍事委員会主席の習近平が北京で開かれた中央軍拡大会議の映像がネット上にアップされたのですが、その映像には胡錦濤が習近平を褒め上げて彼は立派にやるだろうというようなことを話しており、列席者はほとんどすべての人、習近平もふくめてメモやノートをとっていたのですが、劉源は椅子に両手をかけており、机の上には一枚の紙も筆記具もみあたりませんでした。

    しかし、劉源は再び態度を”調整”し、2013年には習近平の粛軍に協力し、軍の中で強力に反腐敗キャンペーンを推進しました。以後、海外の多くのメディアはずっと劉源が軍事委員会に入るだろうという観測を伝え続けてきましたが、「声はすれども姿は見えず」でした。2015年10月、習近平は軍事改革をおこないその内容のひとつは組織再建した軍事規律委員会、軍事政法委員会、軍事審査会計部門などの機構でした。12月6日、海外のサイトで「特ダネ;習近平の緊密な友人・劉源が軍事規律委員会書記に就任することが決まった」というのが流れ、多くの人々が本気に受け取りました。そうした人々は今年10月の「張木生の厳正なる声明」(http://www.boxun.com/news/gb/pubvp/2015/10/201510052241.shtml#.VneO2MpT09Y)が発表された本当の背景について注意を払っていなかったのです。

    張木生(*中国税務雑誌社社長。父が元周恩来の秘書)はカンカンに怒って数年前に言った「時限爆弾を抱えて羅漢さんゲームをやっているようなもの」というのは習近平に対して当てこすったのではないのに「異議人士が飽きもせずわたしのあのはなしを蒸し返して、意図になかったことに使っているが、その矛先はわたしではなく劉源にむけて使われている。何回も言ったのだがわたしは劉源の”知恵袋”などではないし、劉源の知恵と知識はともにわたしよりすぐれている。劉源はわたしに『良い話は口にださないほうがいい、利用されるだけだ』と言っていた。わたしにたいする話は誤解誤説誤読、わたしは間違いを認め、糺し、改めるし、純粋に個人的な観点であって劉源とは一銭の関係もない!」と書いています。この声明はどうやら劉源側の中央軍事委員への最後の突撃努力だったようですが、習帝の御心を動かすには至らず、ついに劉源は今回の光栄なる退職となったのでしょう。

    紅二代目の大多数は40年代後期から50年代の生まれで、そろそろ引退です。この80年代の政治マラソンが最後の100メートルのラストスパート段階にまだ入らないうちは誰もがその巨大な優勝盾を手にするかはわかりませんでした。陳雲が「自分たちの子供らを後継にする」というルールをきめたとき、中共内部の政争の教訓からこの争いは必然的に食うか食われるかの危険なゲームになるということは予想されており、ですから江青裁判において党内闘争では死刑にしない、という潜在的ルールがさだめられたのです。彼のこのルールはまさに「瓜の種を植えたら瓜がなる」ように`十八会大会の権力闘争に参加した多くの紅二代目本人やその一家の命運を救いました。盛大なパーティのご馳走の席には座れなくても、「両会」(*人民代表大会=形式だけの議会みたいなものだから)の貴賓席は依然として彼らのためにとっておかれるのですから。(終わり)

    拙訳御免。
    原文は;何清涟:刘源退休:红二代政治长跑终“封印” http://www.voachinese.com/content/liuyuan-20151220/3110688.html

    Share Button

    About

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *