• 程暁農★中共の責任逃れ「五段階方式」は大躍進時と同じだった 2020年5月25日

    by  • May 29, 2020 • 日文文章 • 0 Comments

     中国共産党(中共)は、  大きな政策ミスや制度的な災いが原因で、  時折、  大きな人災をひき起こす。  今回は世界的な新型コロナ大流行が最新例だ。  いつもこうした人類の大災害を起こす度に、  中共は責任逃れの5段階方式を使って真相隠蔽を試みる。 

     国内の真相への言及を封殺し、  スケープゴートを探し出し、  対外的攻撃を開始し、  国内的には欺瞞に満ちたプロパガンダを展開する。  60年前の大躍進時期とその後のやり口と、  今回のそれを対比すればはっきりと同じパターンが見えてくる。  世界各国にとっては、  中共は未来の世界的な安定に影響を与える要因であり、  この5段階方式をしっかりと記憶しておくことは、  ひょっとすると未来の国際情勢への前向きのビジョンを再構築するために必要なことだろう。 

     ★⑴ 米国政府は中共の本質を再認識

     ポンペオ米国務長官は20日、  中共を厳しく非難した。 

     「中国は1949年以来、  残忍な共産主義政権に支配されてきた。  何十年もの間、  我々は貿易、  科学交流、  外交的接触を通じて、  発展途上国としてWTOに加盟させれば、  政権が我々のようになると考えていたが、  その希望は現実のものとはななかった。  我々は北京の自由国家に対するイデオロギー的、  政治的敵対心の程度を大きく過小評価してきた」。 

      ポンペオ氏の言葉は、  これまでの多くのトランプ政権の中国共産主義政策への非難と反省だけでなく、  今回の発生時の痛烈な感情への苦い反省でもある。 

      中国から始まったこの流行病は、  これまでに全世界で524万人が感染し、  34万人が死亡し、  アメリカでは10万人近くの命が失われている。 

      5月11日に拙稿「米中疫病戦争の分析」で指摘したように、  米国主導の中共に対する疫病戦争は、  米中貿易戦争によって揺さぶられてきた中国中心の経済グローバル化のサプライチェーンにさらに影響を与えるに違いない。  それは、  この30年で経済グローバル化が一国化(中国化)から多様化へと進み、  その過程で中共が経済グローバリズムから徐々に疎外されていくことも意味している。 

      さて、  この流行語戦争から世界の国々が何を学ぶことができるのか、  別の視点から分析してみたい。  ポンペオ演説は、  米政権が中共の本質を改めて理解したことを示しており、  中国から世界への新型コロナウイルスの蔓延は、  中共が人災を隠蔽してきたことを、  世界が長い間、  意図的に見て見ぬ振りをしてきたことの悲劇的な代償である。 

     中共の歴史の中で時折、  重要な政策の誤りや制度的な災害のために、  大きな人災が発生した。  これらの災害は、  「大躍進」や「文化大革命」のような国内レベルに限定されたものと、  伝染病の蔓延のような世界的な意味合いを持つものとに分けられる。  このような人災が発生するたびに、  中共は5つの責任逃れ劇を演じた。 

      第一に、  真実を隠蔽すること、  第二に、  真実に関する国内の言説を抑圧すること、  第三に、  スケープゴートを見つけること、  第四に、  対外的な攻撃を開始すること、  第五に、  欺瞞のプロパガンダを開始することである。 

    ★⑵ 中共の責任逃れ五段階の前二部:真実の隠蔽と批判者の弾圧

     中共が真実を隠蔽しているのは今回だけと考えるのは大きな間違いだ。  新型コロナ事件と60年前の大躍進運動を例に、  どちらも人災に対する中共の対応を比較してみよう。 

     「大躍進 」では、  毛沢東が60年前の紅中で初めて “勃興 “運動で、  農業の集団化を強行し、  “英米に追いつき共産主義に向かう “ことで、  食料や鉄鋼の生産量を何度も倍増させようとしたが、  最終的には完全に失敗した。  その「台頭」は、  中共の政策を歴史上の笑いものにしただけでなく、  田舎では数千万人が餓死するという大規模な人災を引き起こした。 

     疫病が流行していた頃、  そして大躍進運動の中で、  切迫した災害の予兆が非常に早くから明らかになった。  中共は、  中共の体制や政策に対する内外からの疑問の声を恐れて、  5段階シリーズの第1段階として、  真実を隠蔽し、  虚偽の情報を公表する常套手段の「責任逃れ」を始めた。 

      真実の隠蔽は、  それ自体が大災害の原因でもあり、  悪化要因でもある。  「大躍進」キャンペーン中は、  公式メディアは虚偽の穀物や鉄鋼生産を報道するだけで、  記者が真実交えた記事を書くと編集者にボツにされ干された。  今回、  中共は同じ手法で流行の真相を隠蔽している。 

     一方で、  流行の実態を報道を禁止した。  例えば、  最も被害の大きかった武漢市や湖北省では、  流行開始から1ヶ月間、  現地メディアは一言も報道しなかった。  他方では、  華南の海産物市場に行っていない人は大丈夫だと言ったり、  世界保健機関(WHO)に「人から人への伝染はない」と言わせたり、  無症状感染者は、  感染していないと主張したり、  中等度または重度の症状の患者のみを確定診断として公表すると規定したりするなど、  関係者は内外に虚偽情報を継続的に流し続けた。 

     5段階第2ステップは、  国内の批判的な声の弾圧だ。  「大躍進」運動の際、  国防相の彭徳懐が毛沢東の政策を批判し、  “反党派 “と認定され、  軟禁状態で解任されたが、  その際、  中共も各階層の役人の中から大躍進運動を批判した者を探し出し、  政治的な攻撃を行った。 

     このような政治的な強引さは、  真実を公に伝える勇気のある者をすべて排除し、  真実の隠蔽が成功することを可能にし、  その一方で、  マスコミと国民の心を偽情報で満たす。  今回の流行では、  武漢の医師、  李文良氏らがソーシャルメディアで流行の警告を発信したことをやめさせようとする警察の姿は、  60年前と同様のやり方であった。 

     真実を隠し、  批判者を取り締まる常套手段は、  人災の拡大に直結し、  最終的には手に負えない状況を生み出す。  中共は改革開放を行ってきたが、  人災という大問題を悪化させてきたシステム的な劣等性は、  この流行が急速に広がっていることからも明らかなように、  全く変わっていない。 

    ★⑶ 五段階の第三ステップは、  スケープゴート探し

     人災が深刻で国全体に被害が広まるのが早くて、  真実をそう簡単に隠蔽できない場合、  中共の対処戦術は五段階の第3ステップ、  スケープゴート探し、  つまり「罪を着せる」に突入する。 

     通常、  中共は嘘をでっち上げて三方向にスケープゴートを作ろうとする。  まず下級の役人に罪を押し付ける。  例えば、  今回の新型コロナでは武漢市委員会初期の馬国強や、  湖北省書記の蒋超良が、  スケープゴートにされて辞職させられた。 

     次に、  外国を加害者にする。  通常は、  中共と緊張関係にある大国が使われる。  「大躍進」時代にはソ連がスケープゴート役だった。  今回は米国だ。  外務省のスポークスマンの趙立堅は、  ウイルスが米国から来たと言った。  米国人はこれをとんでもないデタラメだと思ったろうが、  中共をよく知っていれば、  必ず起きることだと予測できた。  ただ、  いつ、  どういう風にやるかは、  正確には予見できない。 

     「大躍進」運動で食糧生産が大幅に減少し、  全国的に大飢饉が発生した後、  中共は同じ戦術を用いていた。 

     中ソ関係が悪化し始めた当時、  中共は「中国は朝鮮戦争で借金をしていて、  ソ連が強制的に中国人を餓死させた」という嘘を、  状況報告書という形ですべての教育機関や学校に植え付けた。 

      当時ソ連が「借金を押し付けた」ということはなく、  逆に中共に借金の返済を先延ばしにするように求めていた。  が、  「大躍進」政策の大失態を隠蔽するために、  中共がソ連に穀物を輸出することを主張したために、  より多くの中国人が餓死することになった、  と指摘する記事が発表されたのは、  それから50年以上経ってからだった。 

     スケープゴートを見つけるための最も極端な方法がある。  「大躍進」運動の結果として数千万人が田舎で餓死し、  人災があまりにも深刻なときに、  部下の役人を処罰して外国人の「加害者」を捏造するのが納得できず、  外国のせいにしても説得力がない場合には、  中共は「神が災いを起こした」という嘘を捏造する。 

     大躍進時期に、  中共メディアが「3年連続第飢饉」説を流したのがその典型だ。  善良な欧米人には、  中共のスケープゴート探しがここまで無茶苦茶なことになるとは想像できないだろう。 

     中国系学者である王維洛博士は、  私がかつて編集した『現代中国研究』第1号(2001年)に「天問-「天災三年」」という論文を発表された。 

     彼は、  1960年の人民日報の建国記念日の社説が、  「昔のように鶯や燕が飛び回る春を賛美していた平和なトーンを変え、  国民に恐ろしい絵姿を見せるようにした」と指摘した。  1961年1月の中共8節9中全会では、  さらに大きな嘘っぱちを公報。  「1959年の深刻な自然災害の後、  1960年には100年に一度もない自然災害が起きた」と。 

     しかし、  王博士が3年間の自然災害情報を分析したところ、  全国的な大きな洪水や干ばつは全くなかったのだ。  いわゆる「3年天災」は、  数千万人の餓死者の責任を「神」に転嫁するために、  中共が捏造したものだったのだ。 

      中国では今も新型コロナウイルスの流行が続いており、  中共は将来的に責任逃れのために60年前と同じ「天災」の嘘をでっち上げそうだ。 

     ★⑷ 5段階の最後の2ステップは、  対外攻勢と内には欺瞞宣伝

     中共はスケープゴートを捏造した後、  確実に対外的・内部的なプロパガンダ攻撃を開始するだろう。  外部へのプロパガンダキャンペーンは国際社会の世論批判を黙らせるためのものであり、  内部の欺瞞キャンペーンは国内の国民を欺くためのものである。 

     「大躍進」の後、  中共は公式メディアを通じてソ連批判を繰り返す外部プロパガンダキャンペーンを展開し、  そこにソ連に対する不満と国内民衆の大飢饉に対する恨みの両方を押し込んだ。  しかし、  当時の外部キャンペーンは、  現在の中共の同種の戦術に比べれば、  はるかに小規模なものだった。 

     今回の新型コロナウイルスの流行後、  中共は世界各国との「伝染病戦争」を開始した。  この「伝染病戦争」とは、  各国の伝染病との戦いのことではない。  伝染病に対する説明責任の主張をめぐって、  各国と中共との間で進行中の「国際宣伝戦」のことである。 

     中共は、  外交システムを総動員し、  海外の大使が発言し、  他国からの中共批判に反発し、  経済制裁を開始し、  外国政府を脅して黙らせようとするなど、  「狼外交」の常套手段に頼ってきた。 

     例えば、  オーストラリアは先日、  世界保健機関(WHO)の年次総会で、  中国における疫病の起源と蔓延について独立した調査を求める動議を提出した。  これに対し、  中共はオーストラリアに政治的圧力をかけただけでなく、  オーストラリアの対中大麦輸出に対して、  アンチダンピング関税と最大80%の相殺関税を5年間課すと同時に、  オーストラリアの対中輸出企業4社からの牛肉製品の受け入れを停止するなど、  直ちに経済的報復措置をとった。 

     中共は、  自分が引き起こした人為的な災いを「敵」や「神」に転嫁するために、  その欺瞞的なプロパガンダに固執するだろう。  。  権威主義体制下では、  長期にわたる真実の隠蔽、  誤報、  洗脳、  政治的高圧主義を組み合わせたこのような欺瞞的なプロパガンダは、  長期間にわたって効果を発揮する可能性がある。 

     例えば、  流行の第1期が終わった後、  中共は、  真実を隠し、  虚偽のデータを作成して流行と闘った中共の新型コロナウイルスに対する「成果」を精力的に宣伝し、  多くの人々の心に「共感」を植え付けた。  同時に、  中共メディアは、  外国の流行の実態を繰り返し報道し、  国内の人々の注意を流行の真の原因から、  国外に向けさせようとした。 

     中共のこの戦術は60年前、  「大躍進」運動によって全国的な飢餓と数千万人の農民の死を招いたときからだ。  公文書や各階層の役人の演説、  官製メディアが「3年天災」を繰り返し宣伝。  決して起こらなかった「3年天災」を、  強制的なイデオロギーの「教育」と、  真実を語る個人への迫害と合わせワザにした。  そして、  ついには「3年天災」という嘘が、  人々の心の中で当時の苦境の同義語となり、  中共とその指導者の政治的責任は、  キレイさっぱり洗い流されてしまうのだ。 

     あれから60年を経た今日、  1950年以後に生まれた世代には、  まだ多くの人が、  あの全国を襲った3年連続の第飢饉は天災であって、  人災ではないと信じている。  そのころの飢餓の話になると、  みな「3年連続自然災害は本当に苦しかった」などと振り返るのだ。 

     2000年、  共産党の人民日報、  新華社通信、  国務院情報局、  北京日報は共同で、  共産党成立以来の最も重要な出来事について、  人々に投票を求める世論調査を実施した。 

     アンケートでは、  国民は中共が誇れると思うパフォーマンスではなく、  「文化大革命」が1位、  「3年の天災」が2位と、  ネガティブな出来事が連続して選ばれた。 

      このような世論調査の結果を見ると、  国民は公的なプロパガンダに踊らされたくないことを自主的な思考で示そうとしていることがわかる。  しかし、  「3年間の自然災害」と答えると、  やはり公的なプロパガンダの罠にはまってしまう。 

     中共の責任逃れの5段階手法への分析と説明は、  国際社会のこの30年間の中共盲信軽信がいかに愚かなことだったかを示している。  彼らは1960年代の「大躍進」が生んだ惨禍やそのほか一連のひどい話を全然知らないし、  警戒しようとさえしなかった。 

     今回の新型コロナウイルス爆発で、  被害が全世界に及んでから、  やっとのことで多くの人が考え始めたのだ。  しかし、  彼らの中共に対する認識は依然として、  目に見えることに限られており、  コロナ問題を中国の正体を知るための鏡にしている程度だろう。 

     実際は、  中共がその支配を維持するために経済のグローバル化を利用することにますます巧妙になり、  中共が生み出す人災は、  世界の平和と人間の安全保障への脅威へと容易に変化していく。 

     今回のような公衆衛生上の問題は、  今後も発生する可能性が高く、  中共が米国に対して新たな冷戦開始を選択したことから生じる軍事衝突のリスクは、  西太平洋のすべての国にプレッシャーとなることだろう。 

     将来の世界の安定に影響を与える要因である中共を前にして、  責任逃れの5段階のアプローチを思い出すことは、  将来の国際情勢の前向きなビジョンを再構築するために必要なことかもしれない。  (終わり)

     原文は;程晓农:中共的逃避罪责五部曲 

    これまでの何清漣さんの論評の、翻訳はこちら

    ブラウザーによって、句読点が中央配置になります。Macのchromeがおすすめです。なお、「拙速」でやってますので誤字、脱字ご勘弁。(電子本の方は校閲して直してあります。多分w) なお、お気付きの点がございましたらお知らせください。ツイッター → @Minya_J。

    中国 何清漣

    中国2018 中国2017 中国2016 中国2015
    Print Friendly, PDF & Email

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *