• ★米国民主党のバイデンという選択 2020年8月10日

    by  • August 12, 2020 • 日文文章 • 0 Comments

     8月6日、米国民主党全国代表大会の前夜、同党の大統領候補になる本命のジョー・バイデンは、「アフリカ系アメリカ人はラテン系アメリカ人に比べて多様性に欠ける」と発言して、またしても米国人を驚かせました。「ポリティカル・コレクトネス」を生命線とする民主党陣営からすれば、この発言は、黒人に対する深刻な差別です。こうして100年の歴史を持つ民主党は、アルツハイマーの疑いのある老人を大統領候補に選ばざるを得ないということになってしまって、米国のSNS上では、またもやホットな話題となったのでした。

    中国 何清漣

    中国2018 中国2017 中国2016 中国2015

    これまでの何清漣さんの論評の、翻訳はこちら

    過去のものはウィンドウズやMacのサファリでは、句読点が中央配置になります。Macのchromeがおすすめです。なお、「拙速」でやってますので誤字、脱字ご勘弁。(電子本の方は校閲して直してあります。多分w) なお、お気付きの点がございましたらお知らせください。ツイッター → @Minya_J。


     ★クルーグマンたちの指導:バイデンはトランプと討論する必要はない

     バイデンが新型コロナウイルスに伝染するのを避けるために地下室にこもっているという話は、悪口ではなく事実です。この点は、彼の選挙運動チームでさえ否定していません。世間では彼が大統領候補討論会に出席するかどうか疑っており、新聞には、トランプ一人だけが演壇に立って、別の一人は後ろの幕の破れ穴から顔だけ見え隠れさせている漫画が掲載されています。

     しかし、この点はもういたがいすら内容で、バイデンは、言うまでもなく舌ぽう鋭いトランプと対決したくないのはもちろん、民主党内の批判にも直面したくないのです。8月5日、民主党全国大会委員会(DNC)は、バイデンも他の大会の演説者も、今月の指名大会(8月17日〜20日)のためにウィスコンシン州ミルウォーキーに行く予定はないと発表した。

     もちろん、これについては「まとも」な説明があります。新型コロナウイルス流行中のため、大統領候補者の健康への配慮、です。しかし、実際のところは、アルツハイマー病の疑いがあると見られているバイデンが、今年はほぼ毎回登場するたびに失言を繰り返しているというのが本当のところなのです。

     5月22日早朝、バイデンはラジオ番組「ザ・ブレックファスト・クラブ」のインタビュー中に「バイデンを支持しなければ黒人ではない」と発言。6月25日にはランカスターでの選挙イベントで「米国では1億2千万人以上が新冠動脈肺炎で亡くなっている」と言いました。ジョンズ・ホプキンス大学の統計では、25日現在の米国の死亡者は12万5796例でした。

     7月5日、バイデンは全米教育協会(NEA)のトップからオンラインでの講演に招待され、主催者がバイデン紹介時に、妻が長年同協会のメンバーであるといいながら大スクリーンにバイデンを映し出すとバイデンが大画面に向かって「こんにちは、ジョー・バイデンの夫のジョー・バイデンです」と言ったものです。

     バイデンの失言が常態となったために、そのアルツハイマーが共和党支持者や中間選挙民の疑念になっただけでなく、民主党内にも少なからぬ人々が懐疑的になりました。ラスムッセン社の6月の世論調査では、38%の有権者がバイデンはアルツハイマーだと思っており、61%がバイデンが公にアルツハイマー症問題を解決することが重要だと答えました。注目すべきは、民主党支持者の20%も、バイデンがアルツハイマーだと思っていることです。

     だからこそ、バイデンと民主党の鉄板の支持者であるワシントン・ポストでさえ、バイデンが大統領選挙で敗北するのではないかと疑っています。7月19日にの「2020年のレースをトランプ氏有利にする4つの可能性」では、3番目に挙げられたのはバイデンのしくじり(Biden’s flubs)で、バイデンはしばしば失言ではなくバイデンの本音、例えば、「貧しい子供は白人の子供と同じくらい頭がいい」などと口走り、そのヘマを取り戻そうと、金持ちの子、黒人の子、アジアの子も」などという点を挙げています。

     バイデンは長い政治キャリアの中で最も幸運な瞬間を迎えたと言えましょう。というのは、トランプへの恨み骨髄から、あらゆるトランプを憎む人々から、バイデンだけがトランプに勝てる候補だとされ、左派メディアはトランプなら片言隻語でも取り上げて攻撃しますが、バイデンのアルツハイマー症状については見て見ぬ振りをして、「トランプ嫌い共同戦線」として受け入れているのですから。

     ニューヨークタイムズのコラムニストであり、ノーベル経済学賞を受賞したクルーグマンのトランプ嫌いは有名です。バイデンのアルツハイマー病を気にしていなかったし、彼に素晴らしいアイデアを与えましたた

     :バイデンは大統領討論会に参加する必要はない。バイデンが話をすると全く話さないよりもはるかに悪いので。 バイデンは誰かがトランプを倒すのを 手伝ってくれるのを見ておればそれで良いのだ、というのでした。

     ★指名獲得後のバイデンの左急旋回

     民主党がバイデンを起用したのは、バイデンが20人ほどの指名候補者の中で唯一社会主義者ではなかったからでした。他の候補者はほぼ中央から左寄りであり、ウォール街や金持ちのアメリカ人を怖がらせました。こうした人々は民主党と、グローバリズムへの姿勢で極めて一致しており、ずっと民主党のスポンサーでした。しかし、昨年からは、サンダースやウォーレンのような社会主義者の候補者が当選したら、トランプに乗り換えると公言している人もいて、今年の第1四半期には、全国のトップ100企業のうちトップ10がトランプ氏に献金しました。

     しかし、バイデンを支持していた穏健左派を憤懣やるかたなくさせたのは、バイデンがあっという間に、サンダースやウォーレンの地盤を採用して、米国近代史上、最も過激な人種問題をテーマにしたことです。バイデン — サンダースの「連合宣言」では、全方位的な福祉的社会主義国家を形作っているのです。ほとんど全ての要求は権利であり、どの権利も納税者のお金から支払われます。住宅は一種の権利で、あって、「誰もが収入の3割以上の費用を支払うべきではない」とかです。公立大学も、「8割の米国人は学費を免除されるべき」だし、この連合計画は、すべての、財産、医療、住居、治安、教育といった重要な格差は、すべて人種主義のせいだということになっています。これを解決する方法は、米国の暮らしの各方面にわたっての大規模な改造です。

     人々は、これはサンダースの選挙公約の綱領よりさらに過激な、さらに社会主義的色彩の強いものだと言われています。

      ★脆弱なバイデン — サンダース連合

     こうして、完全にサンダース一派の主張を飲ませたにもかかわらず、極左派はまだ不満です。

     2016年に民主党がサンダースにヒラリー氏との対決からの撤退を求めた後、サンダースを支持する社会民主連合(約3万5千人)が一斉に民主党に加わり、外からは「過激進歩主義者」として知られる極左社会主義者の集団となったのでした。

     彼らは2018年の中間選挙で下院で23議席を獲得しており、その中にはニューヨーク出身のラテン系議員のアレクサンドリア・オカシオ=コルテス(AOC)やミネソタ出身のソマリア・イスラム難民の議員イルハン・オマルも含まれています。 彼らは民主党が下院奪回を助けましたが、民主党はまた、「毒虫を飼って患いに悩む」ことにもなりました。党内の団結は、いまやトランプ攻撃というただ一点にあって、ナンシー・ぺロシ下院議長は、これらの極左メンバーからの頻繁な挑戦に直面しています。

     サンダースの挑戦にどう対応するかは、今年の民主党内の重要テーマです。まだ大統領候補が決まらない時に、サンダース派は「民主党全国委员会(DNC)への公開質問状。嘘をついたら許さない」を出し、民主党穏健派は必ず、自分たちの要求を受け入れなければならない、と脅迫しました。バイデン — サンダースの共同宣言が発表されてからも、「もし自分たちの全面的な医療提案が選挙キャンペーンテーマに含まれていない場合、バイデンをサポートしないだろう」という公開書簡で360人のDNC代議員に送りつけました。

     そして、7月末にはバイデンとサンダースの支持者が内部会議で、深刻な衝突をおこしました。ルールによって記録は文書化されていません。この争いは、サンダースの選挙キャンペーン議長のニーナ・ターナーによると「吐き気を催すほど、人を不安にさせ受け入れることができない」と民主党伝統の主流派に向けられたものです。

     民主党伝統派は、すでに何人かの長年の下院議員を一次予選で破っている過激派からの容赦のない挑戦に直面しています。過激派には2つの舵取りがいます。サンダースの旗の下の社会民主党(社会主義者)とブラック・ライブズ•マター(BLM)です。今の公開情報によれば、多くがその両方に属しています。状況次第で、二つの名称を使い分けているのです。

     例えば、例えばミズーリ州のコリ・ブッシュ(訳注:44歳の黒人女性。)は、民主党のサンダース派として出馬していますが、彼女はBLMの中核でもあります。 AP通信によると、ミズーリ州1区の民主党下院第1次選挙で2020年の衆議院予備選挙で10期の現職レイシー・クレイを破り、11月の総選挙で強固な民主党議会選挙に進出しました。 

     ★なぜ民主党はバイデンを選ぶしかなかったか?

     民主党はホワイトハウス奪還の手段に窮して、ここ数年、選挙人グループ制度の違憲廃止から、新型コロナウイルス流行を理由にした郵便投票、非合法移民に免許証で投票権を与えるなど、あらゆる手段を駆使してきました。しかし、米国の納税者の願いだけは無視して。これがアルツハイマーの疑いのあるバイデン大統領にしようという目的です。米国でも分かっている人もいて、「マルキシズムの4段階の歩み」という一文には、マルクス主義者が、自由社会を破壊する4段階について書かれていました。

     まず最初の一歩はモラルの低下です。 この場合、は、左翼に支配された学校の生徒たちが、アメリカの伝統に反する概念的価値観を洗脳されているという事実。第二段階は社会を不安定化させることである。 武漢肺炎の流行がアメリカに広がり、左翼は経済を崩壊させる絶好の機会と見なしています。第三段階はアメリカ全土でのBLM運動の破壊放火活動のような危機を作り出し、第四段階は左翼の理想社会を確立して「新常態」に突入することです。

     アメリカの歴史上の人物の像やモニュメントは破壊され、大統領選挙の討論会を含むあらゆる公共のイベントは中止され、人々は生の現場を見に行くことができず、左派のフィルタリングを通してしか情報を与えられません。そして、バイデンが大統領になる。この病人がその任務に耐えられないとなったときは、憲法25条の修正条項によって、選挙を経ない人間が国を支配することになります。バイデンがだれを副大統領に選ぶかが、なぜ民主党内での争いの的になるかという理由はそこにあります。

     バイデンを選んだ目的ははっきりしています。中間派を団結させ、トランプに勝利して、バイデンを左翼勢力のあやつる大統領にするためです。これが、民主党が寛容にも、あたまのボケた操り人形としての人生を最大限に利用している理由です。(終わり)

     原文は:美国民主党选择拜登的考量

    何清涟专栏:美国民主党选择拜登的考量
    2020年08月10日 00:02:00

    8月6日,正值美国民主党全国代表大会召开前夕,该党推定的总统候选人拜登再度一语惊动美国:与拉丁裔比较,非裔不多元化。在奉政治正确为生命线的民主党阵营看来,这是对黑人的严重歧视。于是,民主党这个百年老字型大小政党非得坚持选一位被怀疑患有老年痴呆症的人出来竞选总统,再度成为美国社交媒体上的热点议题。

    克鲁格曼们的教导:拜登不需要与川普辩论

    关于拜登因为避疫躲在地下室里,并非是抹黑,而是事实。这点,就连他的竞选团队也未否认,外界一直怀疑他是否会出席总统大选辩论,有幅漫画的画面是总统大选辩论台上,站着川普一人;另一张讲台后方是撕开一个洞的幕布,拜登的头象在那破洞里若隐若现。不过,现在对这点不用再怀疑了,莫说拜登不想面对词锋甚健的川普,就连党内的不同声音,他也不想面对。8月5日,民主党全国大会委员会(DNC)宣布,拜登和任何其他大会发言人都不会前往威斯康辛州密尔沃基参加本月的提名大会(8月17-20日)。

    当然,这一切有个堂而皇之的解释:疫情期间对总统候选人的健康考虑。但真实情况却是被怀疑患了老年痴呆症的拜登时常说错话,今年以来,拜登几乎每出场就会说错话:5月22日早间,拜登在接受电台节目「早餐俱乐部」采访时发表言论称,如果不支持他就不算黑人。6月25日,拜登在兰开斯特市的一场竞选活动上说「美国超过1.2亿人死于新冠肺炎」。根据美国约翰斯·霍普金斯大学即时统计资料,截至当地时间25日,美国累计死亡病例数为125796例。7月5日,拜登接受美国国家教育协会的负责人邀请参加一场线上演讲活动,在介绍拜登的时候,这位负责人热情地介绍说,拜登的妻子是国家教育协会的长期成员,而这时大萤幕上出现拜登的画面,竟然是拜登对着大萤幕说:「大家下午好,我是乔·拜登的丈夫,乔·拜登。」

    正因拜登说错话成为常态,关于他的老年痴呆症,不仅共和党与中间选民怀疑,就连民主党内也有不少人怀疑。拉斯穆森民调公司于6月份就此做了一项调查,结果显示,38%的选民认为拜登患有痴呆症,有61%认为拜登公开解决痴呆症问题很重要,值得注意的是:20%的民主党选民认为拜登患有痴呆症。

    正因如此,就连铁了心力挺拜登与民主党的《华盛顿邮报》也怀疑拜登会输掉这场大选。在7月19日发表的《4件事可能使2020年竞选向川普迈进》,其中列出来的第三件事情就是Biden’s flubs(拜登的愚蠢),称拜登经常会说一些愚蠢的话,这些话并非口误,而是代表拜登的真实想法,比如「贫穷的孩子像白人孩子一样聪明,才华横溢」,并立即试图纠正自己,说「富裕的孩子,黑人的孩子,亚洲的孩子。 」

    只能说,拜登迎来了他漫长的政治生涯中最幸运时刻。由于仇恨川普,所有仇恨者都只能将他当作打败川普的最佳人选,因此,左派媒体会经常揪住川普的片言只语来说事,但对拜登的老年痴呆症状视而不见,一致拥戴拜登作为仇川联合阵线的共主。《纽约时报》专栏作家、诺贝尔经济学奖得主克鲁格曼是有名的仇川者,他完全不在意拜登的老年痴呆症,给他支了一个高招:拜登无需参加总统辩论,因为他说话远比不说话糟糕。拜登只需要看着别人帮他打败川普就行了。

    获得提名之后拜登向左急转

    民主党推出拜登,只因拜登在20多位提名竞争者当中,是唯一不那么社会主义化的人,其他的人,几乎一个比一个左,让华尔街与美国富人害怕,由于这些人在全球化的态度上与民主党高度契合,因此一直是民主党的金主。但是,从去年开始,他们当中有人公开表示,如果是那些社会主义候选人如桑德斯、沃伦当选,他们将会改投川普。今年第一季度,全美企业100强里的前10名,都捐款给川普。

    但是,令支持拜登的温和左派们抓狂的是:在很短的时间里,他迅速地采用了候选人桑德斯的平台和沃伦的基石,推进也许是美国近代史上最激进的种族议程。拜登-桑德斯的「联合宣言」勾勒了一个全方位福利的社会主义国家:几乎每一种需求都是一种权利,每一种权利都由纳税人出资保障。住房成为一种权利,「没有人应该为住房支付超过收入30%的费用」;公立大学将为\”大约80%的美国人提供免学费\”,这个 \”联合 \”计画宣称,几乎所有重大的差距 —— 财富、医疗、住房、治安、教育—— 都可以归咎于种族主义。解救的方法就是对美国生活的各个方面进行大规模改造。

    人们评论:这个联合宣言简直比桑德斯原来的竞选纲领还要更左更激进,更具有社会主义色彩。

    脆弱的拜登-桑德斯联盟

    即使如此完整地吸收桑德斯一派的主张,咄咄逼人的极左派们仍然不满意。2016年美国民主党要求桑德斯退出与希拉蘂的竞争之后,支持桑德斯的社会民主联盟(约35000成员)集体加入民主党,这就是外界称之为「极端进步派」的极左社会主义者。他们在2018年的中期选举中,赢得了众议员23个席位,其中就有来自纽约的拉丁裔女议员AOC,以及来自于明尼苏达州的索马里穆斯林难民奥马尔。他们帮助民主党夺回了众议院,但民主党也不可避免经受着养蛊遗患的折磨,党内团结只体现在打击川普一项议题上,众议院议长南茜·波洛西经常面临这些极左议员的挑战。

    应付桑德斯一派的挑战,几乎是今年民主党内的重要议题。还在总统人选未定之时,桑德斯派系就发了一封题为《给DNC的公开信:你们欺骗,我们不再陪你玩》,威胁温和派必须全盘接受他们的计画。就算是在拜登-桑德斯宣言发布之后,桑德斯派联合了360位民主党大会党代表发表公开信,声称如果不将他们的全民医保方案列入竞选主题,他们将不支援拜登。就在7月底,拜登与桑德斯的支持者在一次内部会议中发生严重冲突 ,许多不按规则来的行为,都没被纪录在案。这个拜登-联盟充满了争执,桑德斯前竞选联席主席尼娜·特纳(Nina Turner)用「令人作呕,令人不安,令人无法接受」这种词语评说民主党建制派。

    民主党建制派面临激进派毫不留情的挑战,在国会议员的初选中,已经有数位多年的老资格议员被激进派打败。激进派的分舵有两个,一个是桑德斯旗帜下的社会民主主义者(社会主义者),一个是Black Lives Matter(BLM)。 从现在公开的情况来看,许多人同时在两个分舵里。什么时候用哪个分舵的名义活动,视情况而定。比如密苏里州寇里·布希(Cori Bush)女士竞选时的身份是民主党的桑德斯派,但她同时也是BLM的核心成员。据美联社报导,在密苏里州第一区的民主党众议院初选中,布希以49%的选票和全部选区击败了担任了近20年议员、在国会颇有势力的克莱。克莱是该周期内输掉主赛的第三位民主党老将。

    民主党为什么非选拜登不可?

    民主党穷尽一切手段要夺回白宫,这几年已经使尽一切手段,从违宪废除选举人团制度、以疫情为由要求邮寄选票、给非移发驾驶执照以便让他们投票,几乎无所不用其极。但独独不考虑美国纳税人的愿望。选择疑似老年痴呆症的拜登作总统的目的,美国早有人看穿了,在《marxism占领社会四步曲》一文里,谈到马克思主义者们毁灭自由社会分四个阶段。首先是道德沦丧。这里他指的是学生在左派控制的学校里被灌输一整套与美国传统相背的理念价值观;第二步,让社会失去稳定。武汉肺炎疫情流播到美国,被左派视为搞垮经济的完美机会;第三步是制造危机,比如BLM运动在全美国的打砸抢烧杀;第四阶段是建立左派的理想社会,进入「新的正常」。美国历史人物的雕像、纪念碑都毁掉了,各种公共活动包括总统大选辩论都取消了,人们不能去现场观看,一切都是他们过滤后灌输给大众的,然后拜登成了总统。当这位有病之人完全无法胜任时,根据宪法第25修正案,一个没经过选举的人掌控了国家——拜登选谁做副总统为何成为民主党内恶性竞争的标的,原因在此。

    选择拜登的目标很明确:团结中间派,打败川普,把拜登推上去作为极左的木偶总统。这就是民主党原谅容忍和充分利用拜登的糊涂脑袋和行将就木的人生的全部原因。

    Print Friendly, PDF & Email

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *