• 日文文章

    唐慧事件と中国の最下層政治文化

    by  • August 9, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏 @HeQinglian
    2013.8.6

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    http://twishort.com/PZDdc

    2013.8.8

    「南方週末」が8月1日にだした「永州幼女が売春婦にされた事件の再調査」と「何が唐慧を作ったか」の記事は確かに、転覆的効果があった。しかしそれは唐慧のイメージを転覆したというより、むしろ、近年、日に日にあきらかになる「最下層社会への賛美」を覆した、といえるのではないか。だから、痛い思いをして以後の教訓とする者も、唐慧を罵る者も、「南周」(*爺注;...

    Read more →

    世界銀行の中国改革青写真の命運予測

    by  • August 7, 2013 • 日文文章 • 1 Comment

    何清漣 @HeQinglian 氏

    2013年08月04日

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    http://twishort.com/HhDdc

    2013.8.6

    8月2日付ワシントンポスト紙によると、中国国務院の李克强総理の要請で世界銀行は国務院発展研究センターと現在連携して検討課題をきめているという。同報道によれば世銀は中国に対し大形銀行の一つの私有化と農民の土地販売権許可など広汎な提案を行っているといい、もしこの改革が実施されれば中共の数十年来のイデオロギーが転覆するだろう、という。Read more →

    中国には”デトロイト”が何十もある

    by  • August 2, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏ブログ
    2013年08月02日
    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun
    http://twishort.com/i5Cdc
    この間、米国・デトロイト市が破産申請したニュースは米国のトップニュースとなり、中国の政府系メディアも重要な国際ニュースとして報道した。 デトロ イトが『資源枯渇型都市』という名で報道されたため、中国の山西が再度、注目されることになった。メディアは山西省の石炭地下採掘空間が2万平方kmに達 し、全省面積の8分の1を占めていると。

    《鉱区陥没...

    Read more →

    ”人民の社会”という華麗な経帷子の下の暗黒世界

    by  • July 27, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏ブログ

    2013年07月26日

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    http://twishort.com/ApAdc

    2013.7.27

    2013年はなんだかオベッカ文章が特別多いわね。新しくでてきたのが「人民社会論」と「中共天命剛健論」というヤツ。「人民社会」論は共産文化言語に属し、「天命剛健論」というのは「党権神授説」で、「宇宙真理論」はもう「宗教モドキ」で、本来は「無神論」のはずの共産主義信仰は「神学モドキ」の域に近づいている。こうした奇々怪々な諸論の目的...

    Read more →

    中国の腐敗高官が死刑になるのを免れる理由

    by  • July 27, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏ブログ

    2013.7.25

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    http://twishort.com/JpAdc

    2013.7.26

    最近、清華大学の法学博士・王進文の作り出した新語の「死刑二重基準制」が大流行。湖南の企業家・曾成杰が資金集めの罪で生け贄の羊とされ死刑判決を受け処刑されたのに、同じ頃、鉄道大臣の劉志軍は死刑判決に執行猶予がついた。その大きな違いに世間は「二重価格制度」から産まれたこの「死刑二重基準制」は役人と民間に対する司法の不平等の本質を見事な...

    Read more →

    「李克强経済学」の制度基礎は何処に?

    by  • July 24, 2013 • 日文文章 • 1 Comment

    何清漣氏 @HeQinglianブログ

    2013年07月23日
    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    http://twishort.com/B29dc
    2013.7.24

    今年6月バークレイズが英文報告書で「Likonomics(李克强経済学)」なる新語を使って以来、この言葉は国際投資業界で大いにもてはやされた。メディアの反応はさらに熱烈で、この概念たちまち大人気。7月3日、上海自由貿易区の成立が国務院で承認され、中国財政部部長の楼継偉が20か国中央銀行会議で「中国政府は大規模な経済刺激策をとらない」...

    Read more →

    中米関係を描写する言葉の路線変遷図

    by  • July 18, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏 @HeQinglian

    2013年07月16日
    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    2013.7.18

    http://twishort.com/uA7dc

    世間には心を込めても花が咲かず、適当に植えたら苗が育ったなんてことはよくある。この度の中米第五回戦略経済対話の91項目の成果は中国政府は多いに宣伝したがネットでは反響はまったくの低調。ただ、そのなかで中国の副総理汪洋の言った「中米関係は夫婦のようなもので離婚できない」はネットで様々に解釈され、スポットライトを浴びた。政府側はその「ユーモ...

    Read more →

    なぜ市場経済を罵倒するのか

    by  • July 15, 2013 • 日文文章 • 1 Comment

    何清漣氏 @HeQinglian

    2013/07/13

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    http://twishort.com/TI6dc

    2013.7.15

    「今になってやっとわかった。俺たちは半分生き埋めにされた!」なる文がネット上で広がっている。6つの「三十年前…は」という書き出しで、かっての「計画経済」(*爺注;社会主義時代の)の長所を並べ、「もしおまえらが金持ちなら」と”市場経済”を痛罵している。こうした言い方は少なからぬ国営企業をリストラされた工場労働者や毛沢東左派にえらくウケがい...

    Read more →

    ”中国ファクター”が国際社会を変えている

    by  • July 12, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏@HeQinglian

    2013年07月11日

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    http://twishort.com/hT5dc

    2013.7.12

    中国政府はいつも自国が十分強大ではないのでは、と心配しており、自国の国際的影響力を速やかに向上させたいと願っている。その実、「中国ファクター」はすでに国際社会を変え始めているのに、中国政府がこの変化に触れたがらないだけなのだ。7月8日、米国証券監督管理委員会は米国の5大会計事務所に対して、その中国支社が財務詐欺事件に関係している疑いを重...

    Read more →