• 日文文章

    中国の「社会秩序安定維持」が直面する財政圧力

    by  • February 3, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏 @HeQinglian 氏ブログ

    Takeuchi Jun@Minya_J  日本語全文概訳/原文は

    ① 増々頻発する社会抗争事件、不景気は各地の地方政府のやりくりをニッチモサッチもいかない状態してしまい、中央政府も「社会秩序維持費」の深刻な不足に直面している。

    《膨大な”秩序安定費”》

    20世紀の90年代後半から、中国各地の地方政府が各資源をあまりに酷く収奪したため、民間の社会的集団抗議事件のグラフは一直線に上昇した。

    2005年は8.7万件、06年には9万件(原注1)、08年には12万4千件、...

    Read more →

    天を支える男でも破局を救えないー習近平の「1人の男もいなかった」発言に思う

    by  • January 29, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏ブログ2013/1/29

    日本語全文概訳 By @Minya_J

    http://www.twitlonger.com/show/kso5a8

    ①習近平中共総書記の去年12月の『南方巡行』は鄧小平のひそみに習うのか、と中国ウォッチャーたちに思わせたものだった。

    ②しかし、最近になってようやく、中国政府が公表した『南巡』の談話は一部だけで不完全なものだったとわかり、ネットで全文が流布、それを読んだ人々はガッカリした。

    ③その中で一番知られた一節はソ連崩壊時の話だった。「ゴルバチョフが最後に...

    Read more →

    「”虎と蠅”に思う」

    by  • January 27, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣@HeQinglian氏のブログ

    日本語全訳  By @Minya_J

    http://twiffo.com/1E4z

    ①人々が中国の政治改革や反腐敗運動に絶望感を持った時、中共総書記の習近平が1月22日に行った講話はまたしても多くの人々の希望を掻き立てるものとなった。(原文は ow.ly/hafWe )

    ②この講話の要点は「権力の執行の制御と監督を強化し、「権力を制度の”籠”に入れ」、「大物(虎)も小物(蠅)も共に打つべし」と指導幹部の紀律違反事件の調査に固い決意で臨み、大衆の身近な不正腐敗問題を的確に解決すべし、という事だっ...

    Read more →

    中国政府発表ジニ係数の疑問

    by  • January 21, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏

    Translated by @Minya_J 東京

    2013年1月21日

    ①この十数年来、中国人はGDP、ジニ係数、レントシーキング、インフレ等専門用語に耳タコ、高等教育受けた人は大体意味が分かっている。

    ②最近、ここ何年もジニ係数を発表しなかった国家統計局がこの10年の数字を発表した。2008年の0.491を最高として、2012年には0.474に減ったという。が、すぐさま疑問の声が上がった。

    ③【政府の数字が信じられないのは、政府の信用がガタ落ちだから】胡温体制の10年間、生態環境...

    Read more →

    「南周事件』は北京に対する底値探り

    by  • January 7, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏 @HeQinglian ブログより

    Translated by Takeuchi Jun @Minya_J 東京

    http://twiffo.com/1AM2

    http://www.digi-hound.com/takeuchi/

    ①習近平が総書記を引き継ぎ、ゾクゾク各種の公開談話が発表され、現行政治体制の維持が強調されている。だが中共改革を待ち望む朝野の人士はあきらめず、すこしづつその「底値」を探り始めた。

    ②1月3日に始まった”南周事件”は鲍彤(*注;元趙紫陽秘書が出した)の「政治改革呼びかけ書」に続くあ...

    Read more →

    ノーベル文学賞の中国における善し悪し

    by  • October 18, 2012 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏ブログ

    日译 Takeuchi Jun ‏@Minya_J

    日訳全文(拙訳御免)何清漣 @HeQinglian 氏ブログ

    中国政府にとっては、文学芸術は政治と切り離す事ができない。もし、中共中央統一戦線部管理下の全国作家協会副主席であり、政治的な立場上、共産党を支 持している作家がノーベル文学賞を獲得したならば、中国政府は中国の政治文化に対して、国際社会が受け入れ、承認したのだ、という観点で解釈する。

    まさに人々が中国の18回共産党大会と薄熙来問題でお疲れの時やってきたノーベル賞に全ての中国語メディ...

    Read more →

    中国民族主義の2つの危険な傾向

    by  • October 4, 2012 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏@HeQinglian

    全文日訳;@Minya_J

    http://twishort.com/ahjtd

    2012年は中国政府にとって本来は相当な苦境だった。政治では信用を失い、権力の行方は定まらず、経 済の”馬車を引く3匹の馬(投资、消费、輸出)”もすべて勢いを失い、破産の波が再び押し寄せ、失業が深刻化し、”民主”の代用品として民衆をなだめてき た”民生”の看板も危なくなっていた。

    しかし、人為的に作られた『釣魚島(尖閣)問題』が一気に錬金術的効果を発揮した。民族主義がグッドタイミングで登場し、あらゆる国民の暮らしに関する ...

    Read more →

    ”3枚の網”の下、薄熙来は暫時無事のよう

    by  • August 13, 2012 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏ブログの概訳:

    Translated By Takeuchi Jun ‏@Minya_J

    http://twishort.com/agyjh

    ①谷開来(薄熙来夫人)と王立軍(薄の元部下)の裁判が始まり、外国メディアは薄熙来の関わりぶりや、夫人が如何に60億㌦もの巨額資産をヘイウッド(薄夫人に殺害されたと言われる英国人)らの手で海外へ移したか。

    ②更に、今年3月、中共党中央が(薄熙来に対して)適用を留保した「3つの網」の一つでもある、当局がこの60億㌦の由来の不正を追求するか、失脚した薄熙来を貪腐罪で...

    Read more →

    薄・谷開来事件の3大見所

    by  • July 30, 2012 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏ブログ

    2011/07/30

    Translated by  Takeuchi Jun ‏@Minya_J

    ① 薄・谷開来事件は刑事事件でせいぜい、”薄一家の誰が連座するか”程度の話。中国に「18回党大会を死守しよう」の標語横断幕が出現した… http://twishort.com/agpvt 

    「これは疑いなく、中南海のお偉方がこの事件をさっさと終わらせたいという事で、胡錦濤は色々な政敵にサインを送っているのだ。つまり「薄谷開事件は只の刑事事件で、せいぜい一家の誰が連座するか程度の話だ」と。(蛇足...

    Read more →