• 日文文章

    薄・谷開来事件の3大見所

    by  • July 30, 2012 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏ブログ

    2011/07/30

    Translated by  Takeuchi Jun ‏@Minya_J

    ① 薄・谷開来事件は刑事事件でせいぜい、”薄一家の誰が連座するか”程度の話。中国に「18回党大会を死守しよう」の標語横断幕が出現した… http://twishort.com/agpvt 

    「これは疑いなく、中南海のお偉方がこの事件をさっさと終わらせたいという事で、胡錦濤は色々な政敵にサインを送っているのだ。つまり「薄谷開事件は只の刑事事件で、せいぜい一家の誰が連座するか程度の話だ」と。(蛇足...

    Read more →

    「9匹の龍による共同統治」ー北京権力闘争、高値で始まり安値に終わるー

    by  • May 28, 2012 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏ブログ;

    (2012/5/28)

    全文日訳:Takeuchi Jun @Minya_J

    http://twishort.com/afuvc

    今年2月から北京は世界最大のデマ・センターになった。
    5月に入って、北京の意を受けた内部囁き人の声は日に日に減少してきたが、それでもじっくり見ていると次第に薄熙来擁護派に有利になってきているのがわかる。

    限られた情報の中で最も重要なのは5月25日のロイターが報じた内部からの情報。それは5月初め、中共中央が北京の京西ホテルで二百人の会議を...

    Read more →

    北京が対外に流す情報から見る権力闘争の終盤の形

    by  • May 14, 2012 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏:http://twishort.com/afpp1

    Translated by  @Minya_J

    2012年5月14日

    5月11日、日本の夕刊フジが「失脚した中国の大物薄熙来独占インタビュー」 を発表。4月26日、日本のやまと新聞宇田川啓介氏が中国国家安全部の監視下に権力を失ったとみられる薄熙来と晩餐をした、と。

    これは薄熙来軟禁後、初めて外に姿を現した爆弾的なニュースで、聞いた人の最初の反応は仰天か不信だった。皆、?なぜフツーならあり得ない面会が宇田川氏に許されたのか?なぜ日本の新聞から政治報道にたけてない娯楽性の高い...

    Read more →

    『集団指導モデルの欠陥、権威不足と内部分裂」

    by  • May 7, 2012 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian氏ブログより20120507

    http://twishort.com/afnbk

    Translated by  @Minya_J

    2012年5月7日

    中共はトップ権威の分散による集団指導モデルで目下重大な危機に。

    ずっと「全ての党員は△△同志を中心とする党中央の周囲にしっかりと団結し」と強調してきた中共が、今年、薄熙来打倒と陳光誠事件で世界に自己の内部の深刻な分裂を暴露した。(続)

    以下、”中央A”を人びとが中共中央を見ることのできる”公開型A”とし”中央B”を指令は発するが...

    Read more →

    薄熙来打倒における”デマ”は両刃の剣

    by  • April 11, 2012 • 日文文章 • 0 Comments

    Takeuchi Jun@Minya_J 訳

    http://twiffo.com/Xjm

    ①(2012/4/11) ;真相がはっきりしないことから薄熙来事件は各国メディアを『推理ゲーム』に走らせてきた。

    ②新華社が四月十日に掲載したニュースはこの「推理ゲーム」を一段落させた。3月中旬、政府が薄熙来に与えた3つの罪名のうち、温家宝が3月14日記者会見で”予約”した「路線闘争」の一条を使わず

    ③ 本人の問題は現在、「重大な規律違反」であり、中央政治局委員、中央委員の任を停止され、中央規律委員会が事件を調査中だ、とし”薄妻・谷開来”と張暁...

    Read more →

    中国政局分析(三)権力交代における胡温の最大の懸念

    by  • February 15, 2012 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏 @HeQinglian 氏ブログより。

    日譯@Minya_J @minya_j

    http://www.twitlonger.com/show/fvfi3b

    原文はこちらhttp://voachineseblog.com/heqinglian/2012/02/china-politics-iii/ 2012/2/15発表。

    薄熙来の重慶に於ける「政治的バンジージャンプ」後、間もなく’紅2代”の政治参加もようやく中国の大きな政治の景色となってきた。この層の父世代は恩恨が複雑に絡まり合い、中国の政治的未来への道の見方も違う。Read more →

    中国政局分析(二)薄熙来の「常任委員会入り」はなぜ厳しいか

    by  • February 14, 2012 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏 @HeQinglian 氏ブログより

    日譯@Minya_J @minya_j

    2012年2月14日

    http://www.twitlonger.com/show/fvb4vs

    ①王立軍事件は現在3点だけは確かである。?王は成都の米領事館に行った?一日後”自らの意志”でそこを出た?この事件は薄熙来の将来に大変不利である。

    今思い起こせば、06年から07年に北京でこんな噂が流れた。胡錦濤の二期目に江沢民が「後継者指定の過ちを繰り返すな。党内の民主を経て省級幹部から推 薦せよ」と手紙を書いた、というのだ。胡はその通...

    Read more →

    2012年中国政局分析(其の一):中国「太子党」は権力にどれぐらい近いか

    by  • February 13, 2012 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏美国之音ブログ 全文日譯;(拙訳御免)http://www.twitlonger.com/show/ftfijp 2012/2/13;
    Translated by @Minya_J 東京

    ①2月6日の王立軍の成都米国領事館事件は薄熙来の鼎の軽重を問うこの3年間の長編劇のクライマックスだった。

    ②それは中共の18大会における権力交代をわけのわからないものにしてしまった。中共の権力闘争は制度的なリソース(党政治幹部評価と任免)と非政 治的 (家柄出自・人間関係)なリソースが相互に関係し合っている。重慶王立軍事件と薄熙来...

    Read more →

    中国の苦境解決のカギは何処から?

    by  • January 11, 2012 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏 @HeQinglian:

    ブログより; Takeuchi Jun (@tkucminya)

    Posted Wednesday 11th January 2012 from Twitlonger

    韓寒の3文章が起こした大波がまだ消えず国内ネットから海外メディアまで。私が書いた「民主は中国からどのぐらいの距離ー韓寒論評」も影響を受けている。ただ批判の声は中国でなく、海外の「机上暴力革命家」からだ。

    私の文章の主題は;現在、中国政府は民主を実行する準備ができていない;中国の人民も(ビロードにせよ暴力にせよ)革命の準備はできていな...

    Read more →

    中国のジャスミンは何時咲く?

    by  • February 14, 2011 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣

    2016年1月23日

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    https://twishort.com/lgAkc

    北アフリカと中東の第4波民主化の大きな潮流はまだ続いています。世界の人々と中国人の胸の内には「この革命は何時、中国にまで波及してくるのだろう?」という気持があります。そしてこの疑問は中国の民衆だけではなく中国政府も当然抱いていました。
 そこに匿名で投じられた「2.20ジャスミン革命を」というツィットは、中国政府が巨費をつぎ込んで作り上げた超強力治安能力とともに「草木が皆、敵兵に映る」心理状態...

    Read more →