• 日文文章

    新開地化計画の巨額資金は何処から来る?

    by  • February 4, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏 @HeQinglian 氏ブログ

    Takeuchi Jun @Minya_J  日本語全文概訳/原文は

    メキシコ・ティファナ市の新インダストリアルパークの出現で、北京もついにこのままでは「世界の工場」は別のところに花開いてしまう、と気がついて、仕 方なく新たに経済発展を支えるあらたな柱を探しはじめた。その任に当たる李克强総理のこの半年の経済発展に関する発言を聞いていると、この『新開地化』は 今後の中国経済の発展の核心のようだ。

    実のところ、所謂『新開地化』(又は、「新市街地開発」)の本質は、依然として『不動産を先頭の牽引車として経済成長...

    Read more →

    中国の”体制磁力”は何処から生じたか?

    by  • February 4, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏;

    日訳全文:Takeuchi Jun@Minya_J 東京

    ”体制の中へ行こう”は毎年メディアのホットな話題である。この1月4日、ハルビンの大学院生・王洋がゴミ清掃作業員の仕事に応募して落選したとき「死 んでも(公的な体制内の)仕事につきたい」と語ったことは「青年が就職して体制内”に入ること」ついてのホットな論議を呼んだ。(爺注;;去年、ハルビン 市の衛生局では457人の職に1万人以上が応募。そのうち29人が修士学歴を持ち、7人が仕事を獲た。http://news.xinhuanet.com/environment/2013...

    Read more →

    「習総書記のハムレット的悩み、腐敗退治ーなすべきかか、なさざるべきか」

    by  • February 3, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏ブログ(1月 30, 2013)

    日本語全概訳   Takeuchi Jun

    @Minya_J 東京
    習近平総書記は最近ハムレットと同じ悩みに陥った。ハムレットのは「生きるべきか死すべきか」だったが、習総書記の悩みは「反腐敗−やるか、それともや らないか」である。それも雷鳴が轟くように様に厳しくやるか、それとも小雨が自然にあたりを濡らすように控えめにシズシズとがやるべきか、と。

    実のところ「反腐敗運動をやらない」というのは習総書記の本意ではない。さもなければ自ら5人の常任委委員をひきつれ王歧山常任委員...

    Read more →

    中国の「社会秩序安定維持」が直面する財政圧力

    by  • February 3, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏 @HeQinglian 氏ブログ

    Takeuchi Jun@Minya_J  日本語全文概訳/原文は

    ① 増々頻発する社会抗争事件、不景気は各地の地方政府のやりくりをニッチモサッチもいかない状態してしまい、中央政府も「社会秩序維持費」の深刻な不足に直面している。

    《膨大な”秩序安定費”》

    20世紀の90年代後半から、中国各地の地方政府が各資源をあまりに酷く収奪したため、民間の社会的集団抗議事件のグラフは一直線に上昇した。

    2005年は8.7万件、06年には9万件(原注1)、08年には12万4千件、...

    Read more →

    天を支える男でも破局を救えないー習近平の「1人の男もいなかった」発言に思う

    by  • January 29, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏ブログ2013/1/29

    日本語全文概訳 By @Minya_J

    http://www.twitlonger.com/show/kso5a8

    ①習近平中共総書記の去年12月の『南方巡行』は鄧小平のひそみに習うのか、と中国ウォッチャーたちに思わせたものだった。

    ②しかし、最近になってようやく、中国政府が公表した『南巡』の談話は一部だけで不完全なものだったとわかり、ネットで全文が流布、それを読んだ人々はガッカリした。

    ③その中で一番知られた一節はソ連崩壊時の話だった。「ゴルバチョフが最後に...

    Read more →

    「”虎と蠅”に思う」

    by  • January 27, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣@HeQinglian氏のブログ

    日本語全訳  By @Minya_J

    http://twiffo.com/1E4z

    ①人々が中国の政治改革や反腐敗運動に絶望感を持った時、中共総書記の習近平が1月22日に行った講話はまたしても多くの人々の希望を掻き立てるものとなった。(原文は ow.ly/hafWe )

    ②この講話の要点は「権力の執行の制御と監督を強化し、「権力を制度の”籠”に入れ」、「大物(虎)も小物(蠅)も共に打つべし」と指導幹部の紀律違反事件の調査に固い決意で臨み、大衆の身近な不正腐敗問題を的確に解決すべし、という事だっ...

    Read more →

    中国政府発表ジニ係数の疑問

    by  • January 21, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏

    Translated by @Minya_J 東京

    2013年1月21日

    ①この十数年来、中国人はGDP、ジニ係数、レントシーキング、インフレ等専門用語に耳タコ、高等教育受けた人は大体意味が分かっている。

    ②最近、ここ何年もジニ係数を発表しなかった国家統計局がこの10年の数字を発表した。2008年の0.491を最高として、2012年には0.474に減ったという。が、すぐさま疑問の声が上がった。

    ③【政府の数字が信じられないのは、政府の信用がガタ落ちだから】胡温体制の10年間、生態環境...

    Read more →

    「南周事件』は北京に対する底値探り

    by  • January 7, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏 @HeQinglian ブログより

    Translated by Takeuchi Jun @Minya_J 東京

    http://twiffo.com/1AM2

    http://www.digi-hound.com/takeuchi/

    ①習近平が総書記を引き継ぎ、ゾクゾク各種の公開談話が発表され、現行政治体制の維持が強調されている。だが中共改革を待ち望む朝野の人士はあきらめず、すこしづつその「底値」を探り始めた。

    ②1月3日に始まった”南周事件”は鲍彤(*注;元趙紫陽秘書が出した)の「政治改革呼びかけ書」に続くあ...

    Read more →

    ノーベル文学賞の中国における善し悪し

    by  • October 18, 2012 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏ブログ

    日译 Takeuchi Jun ‏@Minya_J

    日訳全文(拙訳御免)何清漣 @HeQinglian 氏ブログ

    中国政府にとっては、文学芸術は政治と切り離す事ができない。もし、中共中央統一戦線部管理下の全国作家協会副主席であり、政治的な立場上、共産党を支 持している作家がノーベル文学賞を獲得したならば、中国政府は中国の政治文化に対して、国際社会が受け入れ、承認したのだ、という観点で解釈する。

    まさに人々が中国の18回共産党大会と薄熙来問題でお疲れの時やってきたノーベル賞に全ての中国語メディ...

    Read more →