• 日文文章

    硝煙無き戦いー61398部隊物語⑴

    by  • February 27, 2013 • 日文文章 • 1 Comment

    程暁農@chengXiaonong氏

    2013/2/27

    全文日本語概訳/@Minya_J Takeuchi Jun

    2013/3/29 http://twishort.com/39edc

    この一週間、上海市浦東の解放軍61398部隊が世界のメディアの注意を引きつけている。NYタイムズがまずこの部隊を取り上げ、諸外国のメディアが次々に記者を派遣。問題の建物の外観を撮影し、「61398部隊」が突然世界的に有名になった。様々な角度高度から撮影されたこの12階建てのビルとその部隊管区の写真は大いに人々の好奇心をかき立てている。一体この軍事...

    Read more →

    深刻な汚染は”特別提供”の安全感を崩壊させた

    by  • February 25, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    ー中国の生態システムにおける階級差別を解読する(その1)

    何清漣 @HeQinglian 氏ブログ

    全文日本語概訳;@Minya_J Takeuchi Jun

    2013年2月25日  http://twishort.com/5tXcc

    ますます悪化しつづける深刻な環境汚染、とうとう毒の霧は中国各地の大都市を覆い特権階級も遂に『汚染は全ての人々に平等に』という容赦ない現実に直面し自分達の”特別提供食品システム”は大丈夫、という自信はいまや大きく揺らいでいる。

    中国社会の階級制の根は深いものがあるが、最近十数年は中国環境汚...

    Read more →

    文革時代の殺人事件の審理開始と国家の犯罪の追求

    by  • February 22, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏ブログ

    日本語概訳全文/@Minya_J Takeuchi Jun

    2013/2/22  http://twishort.com/XoWcc

    2013年2月18日、浙江瑞安裁判所で、80歳の老人邱ナニガシが文革時代に洪ナニガシを故意に殺害した事件の審理が公開で開始された。これを今後の風 向きを知る指標になるものとみたり、或はこの事件は国家の責任と考え、歴史の真実を公開することによってのみ公平な裁判になる、と考える人も居る。

    私は文革時代の殺人の追求は必要なばかりか、文革という重大な国家の犯罪的な過ち...

    Read more →

    外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)が中国エリートを困らせる話

    by  • February 18, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏ブログ

    概訳:Takeuchi Jun@Minya_J 東京

    2013/2/18

    米中の”親密な関係” は、今や「米国の蝶が羽ばたくと、中国では大波が起こる」現実がある。2月14日、米国財務省はの外国口座税務遵守法(FATCA)」に関連する国際協定 のニュースは中国のエリート層を直撃した。尤も彼らの反応は「団扇で顔を半分隠す」ようなもので外からはなかなか窺い知れない。

    《米国の金持ちの”脱税天国”が消えようとしている》

    まずこの外国口座税務遵守法(FATCA)とは何か?米国では2010...

    Read more →

    「戦略的調整に直面する北京と北朝鮮関係」

    by  • February 15, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏@HeQinglian ブログ;
    @Minya_J Takeuchi Jun 翻訳

    http://twishort.com/WwUcc

    最近北朝鮮は米中両国の警告を無視し第三次の核実験を行った。国際社会から見るとこれは疑いも無く中共の新指導者習近平への最初の挑戦である。北京の反応の高姿勢からみても世論は北京の北への影響力はどれほどあるか、について疑問を感じ始めているようだ。

    毛沢東時代の”兄弟国家へのコントロール”モデルはもう古い

    中国政府は”史上初めて”北朝鮮大使を呼びつけて核に反対の意見を伝えたほ...

    Read more →

    ☆☆新市街化の問題点ー中国に貧民窟はない、の虚栄の陰にー”新市街化”の問題点3」

    by  • February 12, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏ブログ

    @Minya_J Takeuchi Jun 御免。

    http://twishort.com/pyUcc
    2013.2.12

    ①中国の都市化について、多くの人々は中国の都市に貧民窟がないから、インドの民主主義制度より優れているという根拠にして自慢する。

    ★《中国は数億農民の自由に移動する権利を奪った》

    中国の都市に”貧民窟”がない、というのは真実の状況ではない。貧民窟の定義は「標準より以下の住宅と貧困を特徴とする人口稠密な都市区域」だ。

    もし中国を、北京...

    Read more →

    「就職口の無い新市街化計画は流民を生み出すー”新市街化”の問題点2」

    by  • February 7, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏@HeQinglian ブログ;
    @Minya_J Takeuchi Jun 翻訳

    http://twishort.com/pyUcc

    2013/2/7

    大英帝国の産業革命に始まる世界各国の都市化は単なる人口移動の過程ではなかった。それは工業化、農業現代化、サービスの拡大と緊密に関連しておきた現代化の進展であり、とりわけ「働き口」が全ての問題の最も重い問題の核心であった。

    ★「働き口」が無ければ、”新開地”は只の”村解体運動”の延長である;

    過去の政府と牛と不動産バブルの残した何時崩れるか分からない...

    Read more →

    新開地化計画の巨額資金は何処から来る?

    by  • February 4, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏 @HeQinglian 氏ブログ

    Takeuchi Jun @Minya_J  日本語全文概訳/原文は

    メキシコ・ティファナ市の新インダストリアルパークの出現で、北京もついにこのままでは「世界の工場」は別のところに花開いてしまう、と気がついて、仕 方なく新たに経済発展を支えるあらたな柱を探しはじめた。その任に当たる李克强総理のこの半年の経済発展に関する発言を聞いていると、この『新開地化』は 今後の中国経済の発展の核心のようだ。

    実のところ、所謂『新開地化』(又は、「新市街地開発」)の本質は、依然として『不動産を先頭の牽引車として経済成長...

    Read more →

    中国の”体制磁力”は何処から生じたか?

    by  • February 4, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏;

    日訳全文:Takeuchi Jun@Minya_J 東京

    ”体制の中へ行こう”は毎年メディアのホットな話題である。この1月4日、ハルビンの大学院生・王洋がゴミ清掃作業員の仕事に応募して落選したとき「死 んでも(公的な体制内の)仕事につきたい」と語ったことは「青年が就職して体制内”に入ること」ついてのホットな論議を呼んだ。(爺注;;去年、ハルビン 市の衛生局では457人の職に1万人以上が応募。そのうち29人が修士学歴を持ち、7人が仕事を獲た。http://news.xinhuanet.com/environment/2013...

    Read more →

    「習総書記のハムレット的悩み、腐敗退治ーなすべきかか、なさざるべきか」

    by  • February 3, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣 @HeQinglian 氏ブログ(1月 30, 2013)

    日本語全概訳   Takeuchi Jun

    @Minya_J 東京
    習近平総書記は最近ハムレットと同じ悩みに陥った。ハムレットのは「生きるべきか死すべきか」だったが、習総書記の悩みは「反腐敗−やるか、それともや らないか」である。それも雷鳴が轟くように様に厳しくやるか、それとも小雨が自然にあたりを濡らすように控えめにシズシズとがやるべきか、と。

    実のところ「反腐敗運動をやらない」というのは習総書記の本意ではない。さもなければ自ら5人の常任委委員をひきつれ王歧山常任委員...

    Read more →