• Posts Tagged ‘民主化’

    アラブの春とノーベル平和賞

    by  • October 26, 2015 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣

    2015年10月20日

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    http://twishort.com/Zwpjc

    2015年のノーベル平和賞はチュニジアのイスラム勢力と政教分離を重んじる世俗勢力の歩み寄りを促し民主化推進の力となった「チュニジア国民対話カルテット」に与えられ、婉曲なやりかたで世界に「アラブの春」の残したものに注意を喚起しました。「血まみれの騒乱の中からの果実」が生き残れたのはこの組織の努力があったからで、チュニジアの動乱を終わらせ政権の平和的移行を促したのでした。

    *チュニジ...

    Read more →

    香港ウィンウィンの道は?

    by  • July 5, 2015 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣

    2015年6月21日

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    http://twishort.com/lq0ic

     

    香港の政府改革案が否決された原因については諸説ありますが、香港人にとって最も重要なことは結果です。まず一切は二年前の原点に戻り、香港の特別代表は依然として従来の方法で選ばれます。中共政府にとっては面子が潰れた以外は実質的損失はありません。次に、香港人民は当然、この先も闘争を続ける余地が生まれました。すると残された問題は;香港人の日増しに高まる政治参加の情熱と「代表を自...

    Read more →

    中国民主化の長期手形はなぜ破棄された?

    by  • December 30, 2014 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣

    2014年12月29日

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    http://twishort.com/Wiphc

    これはツィッターの論議からでてきたテーマです。唯色女史(*チベット人作家。ツェリン・オーセル/2013年6月19日から国当局により自宅軟禁)のフェイスブックの内容が削除された事件に始まり海外の「墙外楼」などの中国語ネット上の書き込みが五毛(*政府お雇いツィッター発信者)に占領され、中国ではなぜ五毛や”五毛義勇軍”(*無償で自分から進んで政府支持を書き込む)が”ツイ友”が「中国人の素質が低くて民...

    Read more →

    香港民主化:中港双赢之棋

    by  • October 9, 2014 • 中国观察 • 9 Comments

    何清涟

    自9月28日香港开始占中活动以后,香港民主化的问题再次凸显于国际社会。本文想讨论一个问题,即香港是否有可能先于中国大陆实现民主化。

    香港民主化:万事俱备,只欠东风

    过去20多年以来,中国政府一直以各种理由为自己拒绝走民主化道路辩护,其中最有名的理由是两条,20世纪90年代中期以前的理由是中国经济落后,等经济发展达到一定水平,民主化就水到渠成。待本世纪中国“崛起”之后,理由就改变成民众素质低,实行民主化的条件不成熟。最诡异的却是中共在民众素质最低的农村地区实行了村民选举,等贿选、黑社会把持选举等各种问题暴露出来后,又以此证明中国若民主化结果...

    Read more →

    中国と香港のウィン・ウィン関係への道

    by  • October 6, 2014 • 日文文章 • 8 Comments

    何清漣

    2014年10月3日

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    http://twishort.com/vl8gc

    9月28日から香港ではじまった「オキュパイ・セントラル」運動以後、香港の民主化問題は再び国際社会のホットな注目を集めています。ここでは香港が中国大陸に先んじて民主化実現の可能性を論じてみます。

    《香港の民主化、全ての条件はそろっているが、東風(最後の一押しー諸葛孔明の故事から)が欠けている》

    過去20年来、中国政府はずっと各種の理由を付けて民主化路線を歩むのを拒絶しつ...

    Read more →

    エジプトの経験;民主化で可能な事と不可能なこと

    by  • July 5, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏@HeQinglian

    2013/7/4

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    http://twishort.com/Qe4dc
    2013/7/5

    最近エジプトで起きた軍事クーデターでこの古い歴史を持つ国家はまた世界中のメディアの注目を集めるところとなった。

    《エジプト民主化の認識と中国にとっての意義》

    今回のエジプトの政変に対しては人によって様々な見方がある。「民主主義の手続きを尊重してない」と軍政権の巻き返しを心配するかとおもえば、「民意に沿った(二千二百万人...

    Read more →

    缅甸民主化道路对中国的启迪(一)

    by  • April 10, 2013 • 世界与中国 • 2 Comments

    何清涟

    2013年3月31日,来自中国与缅甸的两条新闻让人感慨万千,一条是“中共中央禁止媒体发表反马列毛言论”,为中国媒体定出了今后的五点宣传基调;另一条是“缅甸放松报禁,准许私人办报”。考虑到中国改革开放已经长达33年,缅甸的民主化历程正式开始不过两年时间,不少网友感叹:后起的缅甸在民主化道路上已经赶超中国了。

    网友这一感叹其实有两个误判:一是将中国经济改革与缅甸民主化看作同一车道上先后出发的两辆车,其实,这两辆车从一开始就不在一条轨道上,无论是出发点还是目标地都很不一样。二是中国网友忽略了缅甸人民为争取民主化而艰苦斗争的漫长历史,以及民主诉求贯穿这一斗争的...

    Read more →

    ビルマ民主化の道は中国への啓発⑵ 

    by  • April 9, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏 @HeQinglian ブログ

    2013/4/6

    全文日本語概訳/@Minya_J Takeuchi Jun

    2013/4/15 http://twishort.com/SLidc
    中国とビルマ両国の当面の状態は、一民族の主体が何を願い、何処に到達するかは、棘に刺されず花だけ得ようとしても無理だという事を示している。中国の”経済改革”とビルマの民主化の道は最初から目標が違っていた。ビルマの反対派が求めたのは独裁制の終焉であり、民主化の実現でこの方向と目標は20年間不変だった。一方、中国共産党政府のが推進し、人もまたこれを歓迎...

    Read more →

    ビルマ民主化の道は中国への啓発 ⑴ 

    by  • April 6, 2013 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣氏 @HeQinglian ブログ

    2013/4/3

    全文日本語概訳/@Minya_J Takeuchi Jun

    2013/4/7 http://twishort.com/zEgdc

    2013年3月31日、中国とビルマからのニュースには感慨深いものがあった。一つは「中共中央は反マルクス・レーニン・反毛言論の発表を禁止」というもので、中国メディアに今後5つの宣伝基調を決定というもの。もうひとつはビルマ政府が個人発行の新聞を許可、と。中国の改革開放が既に33年も経ち、ビルマの民主化の歴史はまだ2年足らず。ネット上では多くの人々が「...

    Read more →

    缅甸民主化在荆棘之路中前行

    by  • April 19, 2012 • 世界与中国 • 0 Comments

    缅甸的民主化进程举世瞩目,观其特点有三:一、民主化进程是军方力量在主导,故称做“军主民主化”;二、这次民主化实质上是西方国家向缅甸“购买”而来;三、缅甸推行民主化必须实现的两个和解,目前只实现了政府与反对派的和解,但要达成另一个目标,即民族和解却非常不易。

    将反对党纳入国会

    2012年4月1日,在缅甸新政府成立以来首次联邦和地方议会小部分议席的补选当中,为缅甸民主化奋斗了24年的昂山素季获得仰光选区85%的选票,当选为联邦议会人民院(相当于下议院)议员。昂山素季领导的全国民主联盟(下称民盟)赢得补选的45个议席中的43席,执政党缅甸联邦巩固与发展党(下称巩发党...

    Read more →