• Posts Tagged ‘難民’

    「政治的正義」が国家の安全より重視されてよいのか?ー独・ケルン事件を考える

    by  • January 10, 2016 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣

    2016年1月10日

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    https://twishort.com/BRJjc
    国家の健康ぶりは日常生活の秩序が維持されていることのほかに、更に重要な指標は社会危機が生じた後に政治と民間が一致して有効な対策をとれるかということです。「欧州の背骨」と言われるドイツとフランス両国が危機に直面して取った態度は異なります。パリのテロ事件はフランスの政治的神経に「痛覚」を取り戻させたようですが、ドイツの政治的神経は深刻に混乱したままで、ドイツ政界は自国の現状にあたかも砂漠のダチョウの...

    Read more →

    「政治的正義病」にシビれる独メディア

    by  • January 10, 2016 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣

    2016年1月6日

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    https://twishort.com/lyIjc

    2015年12月31日、ドイツのケルン中央ステーションで1000余人のアラブ系男子がグループにわかれて90人余りのドイツ人女性に対して集団痴漢行為や強奪に及び、同様の事件がシュトゥットガルトやハンブルグなどでも同様の事件が10件ほどおきました。こうした事件はネットの上では話題沸騰となりましたが、しかしドイツに山ほどあるメディアは「政治的な正義」から沈黙を守り、2016年1月4日、フランクフルター...

    Read more →

    ドイツの憲政・法治の弱体化一25周年におもうー

    by  • October 12, 2015 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣

    2015年10月4日

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    http://twishort.com/dGjjc

    今年は東西ドイツが統一されて25周年を迎えますが、かつての「解放された空は真っ青に晴れ上がってま〜す」一辺倒だったのと違って、少なからず「政治的に間違っている」という声がでています。「東西ドイツ統一25周年;一切がうまくいっているフリをするのはやめよう」という文章は多方面から「ちっともよくない」現状の一面に触れています。それでも私は一番深刻な状況はこの文章は触れていない、今年のドイツが難民危機に...

    Read more →

    シリア難民の与えた中国への”啓示”

    by  • October 12, 2015 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣

    2015年9月14日

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    http://twishort.com/Lkcjc

    シリアの大量難民は続々と欧州に向かっており、はるかに欧州諸国の受け入れ能力を超えてしまいました。シリアの一幼児の不幸な死が引き起こした同情は現実の巨大な混乱の中で咲いた一輪の月下美人の花のようにはかないものです。日曜日にドイツ政府は姿勢を急旋回させ国境での検査を復活し、難民は自由に避難国家を選ぶことはならない、と声明をだし、これに続いてオーストリア、オランダ、チェコ、ハンガリーなどの国々も次々に...

    Read more →

    難民;国際道義と国家の利益

    by  • October 12, 2015 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣

    2015年9月9日

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    http://twishort.com/5kYic
    欧州の難民問題はまさに「欧州大同団結」を目標とする「大家族」に諍いを巻き起こしました。ドイツははっきりと難民受け入れの国際的人道主義の姿勢をみせ、他のEU諸国の反対、批判を引き起こしました。EUの他の国の指導者にとって直面する事実とは「国際的道義と自国国家(国民)の利益の間でどうバランスをとるか」、ということです。EU内部はすでに難民問題はギリシャ債務危機より深刻だと認識しています。

    ...

    Read more →