• Posts Tagged ‘SDR’

    人民元SDR入りー春風は堅い氷を溶かせないー

    by  • December 8, 2015 • 日文文章 • 0 Comments

    何清漣

    2015年12月5日

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    https://twishort.com/5P6jc

    中国では人民元がIMFの特別引き出し権対象通貨バスケット(SDR)に加わったのでバンザイの大騒ぎですが、中国中央銀行のトップ、周小川の易網ネット上の発言は冷静ですね。これは「プロは冷静、シロウトは騒ぐ」見本のようなものです。門外漢からみると人民元SDR入り頑張って中国の強さを示して面目を表したようにみえるのですが、プロからみれば権利もさることながら、重要な責任をおったわけで、そのなかには金融開...

    Read more →

    人民币“入篮”春风难化体制坚冰

    by  • December 4, 2015 • 世界与中国, 经济分析 • 0 Comments

    何清涟

    在欢庆人民币“入篮” (特别提款权,SDR)的一片喧闹声中,中国央行正副行长周小川、易纲的言论相对冷静。这正应了一句中国老话:“内行看门道,外行看热闹”。外行们觉得“入篮”意味着人民币硬挺,中国国势强盛,面子光彩;内行们则知道除了权利之外还有更重要的责任,这责任包括金融开放与市场透明,开放与透明则意味着“不安全因素”增多增强。

    外行看热闹,内行看门道 

    央行掌门人周小川将丑话说在前头,于人民币“入篮”前夕,在《人民日报》上发表一篇5600余字的长文,标题是《深化金融体制改革(学习贯彻党的十八届五中全会精神)》,其中将近5000字是大谈中国...

    Read more →

    人民币“入篮”,是强心针还是镇痛剂?

    by  • December 2, 2015 • 经济分析 • 0 Comments

    何清涟

    中国人民币“入篮”,并非人民币符合IMF(国际货币基金组织)原定规则。无论是IMF还是美国,更多地是出于一种政治考虑。早在今年4月,据路透社报道,IMF第一副总裁利普顿在接受外媒专访时曾表示,面对中国期待IMF将人民币加入SDR(特别提款权)的诉求,IMF未来可能会在相关检视中改变标准以帮助人民币入篮。当在IMF拥有一票否决权的美国总统奥巴马表示支持人民币入篮之后,此事已成定局。但中国官方舆论还是将此视为一场对美国的重大胜利,并将“战果”,即各种好处虚虚实实、远远近近逐一铺排展示。

    这些战果到底有多实在?且看本文分析。

    中国梦一:人民币入...

    Read more →

    人民元のSDR入りーそれは強心剤?それとも鎮痛剤?

    by  • December 2, 2015 • 日文文章 • 1 Comment

    何清漣

    2015年12月2日

    全文日本語概訳/Minya_J Takeuchi Jun

    https://twishort.com/Rj5jc

    中国人民元の「IMFのSDR入り(特別引き出し権対象となる”バスケット通貨”にくわえられたこと)」は人民元がIMFの本来定めたルールに合格したからではありません。IMFも米国も、他の国々も一種の政治的配慮から認めたものです。ことし4月にロイターはIMF第一副総裁が取材に対して中国が期待する人民元のSDR入りの訴えについて、IMFは将来、関係する監査に対して中国側がその基準を変えるならば人民元を...

    Read more →